根岸ステークス

トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 根岸ステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 能登半島地震の救援活動は、政府と自治体、そして多くの関係者の尽力により急ピッチで進んでいるようだ。「年単位での復旧になる…」と言われてきた水道だが、先週末、能登半島の主要な6つの市と町で、2月から3月にかけて順次“仮復旧”すると、公共放送はいち早く報じた。東京都など全国の自治体から“水道局(課)”職員が現地に入り、復旧のために懸命の作業を続けているそうで、ありがたいことである。
また、復旧を後押しする海外の応援もある。在日米軍が、ヘリコプターなどによる輸送を開始したとテレビで伝えられた。地震直後に、アメリカのエマニュエル駐日大使が「米軍はいつでも出動できる用意が出来ている…」などと表明したと報じられた。ただ、能登半島の地理的事情から、即時の在日米軍の展開は不可能だったようだ。それがようやく状況が整い、在日米軍の投入となったらしい。米国には、ただただ感謝である。
まだまだ、目が離せない状況にはあるが、ここで久々に世界情勢に目を転じてみると、いろいろなニュースが飛び交っている。
 その1つだが、国際情勢のリスク分析をおこなう「ユーラシア・グループ」という米調査会社が1月8日に、今年の「10大リスク」をまとめた報告書を公表したと、テレビやネットなどで大きく報じられた。最大のリスク、つまり“1位”は「米国の敵は米国」で、11月の「大統領選で分断と機能不全が深刻化…」としている。
 2位が「瀬戸際の中東」で、「ガザでの戦闘は紛争の第一段階…」という。戦闘が瀬戸際というらしいが、石油供給地としても“瀬戸際”に見えてしまう。大口顧客の中国は、ロシアから安い価格の石油の調達を増やして、いまやサウジアラビアを抜いてロシアが中国にとっての最大の石油輸入先になったと、1月20日の外信が伝えているからだ。
 そして6位が「中国回復せず…」である。「金融の脆弱性や需要不足に対応できず…」と説明している。ちょっと驚いたのは、中国経済の低迷が、アメリカにとってのリスクの“6番目”と低かったことと、「回復せず…」と断定していたことである。
 ところで、リスクの1位であるアメリカ大統領選の候補者選びで、共和党のトランプ氏は、バイデン大統領より中国にはより厳しい態度で臨むなどと公約していると報じられた。関税で中国経済の腰折れの端緒を作ったのは、ほかならぬトランプ前大統領なのだ。アメリカの大統領選は、アメリカ以上に中国にとってより深刻なリスクなのかもしれない。
 さて、今週は東のG刑岸ステークス、西のG轡轡襯ロードステークスがある。
 まずは根岸ステークスである。
 1着には2月18日のG汽侫Д屮薀蝓璽好董璽スへの優先出走権があたえられるレースである。先週のG凝豎ぅ好董璽スも同じ優先出走権レースだったが、1つグレードが下の根岸ステークスのほうが、G汽侫Д屮薀蝓璽好董璽スとの関係が深い。
 2015年までは、G汽献礇僖鵐ップダートからの直行組、あるいは年末から年始にかけての地方競馬G気暴仭した馬の活躍が、フェブラリーステークスの主流だった。それが2016年以降は、根岸ステークスがフェブラリーステークスに直結するレースへと変貌した。
 2016年1着モーニン(フェブラリーS1着)、2017年2着ベストウォーリア(フェブラリーS2着)、2018年1着ノンコノユメ(フェブラリーS1着)、2020年1着モズアスコット(フェブラリーS1着)、2022年1着テイエムサウスダン(フェブラリーS2着)、2023年1着レモンポップ(フェブラリーS1着)といった具合である。付け加えれば、2021年1着レッドルゼルは、2年後の2023年にフェブラリーステークスで2着となった。
 ところで、過去10年の根岸ステークスの優勝馬を3つに分類してみた。
 第1グループはG擬太喃呂燭舛如■猫気麓任肇澄璽箸箸鯡笋錣覆ぁB茖殴哀襦璽廚蓮箸曚棔貧∪鈩⊂,竜涵緇最呂燭舛如■雲錣筍伽錣麓茲蠅海椶靴あっても、このグループに分類する。第3グループがその他である。
 そこで、過去10年の1着をあてはめる。第1グループが2015年1着、2017
年1着、2018年1着、2022年1着である。第2グループが2014年1着、2016年1着、2019年1着、2021年1着、2023年1着である。第3グループが2020年1着である。
 つぎにシルクロードステークスである。
 優先出走権レースではないが、例年3月末、今年は3月25日の芝1200mG宜眈承楜念の前哨戦として機能している。
 2017年2着セイウンコウセイ、2018年1着ファインニードル、2022年3着ナランフレグ、2023年2着ファストフォースが、その年の高松宮記念の優勝馬である。しかも直近の2年は、連続してシルクロードステークスの好走馬が、高松宮記念で1着になっている。なお、ナランフレグ以外の3頭は、高松宮記念への直行組だった。
 高松宮記念の前哨戦といえるシルクロードステークスで、2019年以降の過去5年で、2021年を除く4年は4歳が優勝した ただ、昨年は2020年生まれ(昨年の4歳、今年の5歳)の馬たちが、芝の重賞で目を見張るような活躍を見せた。スプリント路線も例外ではなく、昨年10月1日の芝1200mG汽好廛螢鵐拭璽坤好董璽スでは、1着ママコチャ、さらに以下4着までが4歳勢(今年の5歳勢)の独占だった。

予想オッズ 根岸ステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.アイオライト       牡7 57   34.2
 2.ヘリオス         牡8 57   12.1
 3.フルム          牡5 57   20.2
 4.ライラホ゛ント゛     牡5 57     * 
 5.ヘ゛ルタ゛−イメル    牡7 57   25.3
 6.シヤマル         牡6 57   17.3
 7.エンヘ゜ラ−ワケア    牡4 56    5.2
 8.ヒ゜アシツク       牡8 57     * 
 9.エクロシ゛ヤイト     牡4 56   62.9
10.サンライス゛フレイム   牡4 56    2.8
11.ハ゜ライハ゛トルマリン  牝4 54    8.7
12.タカ゛ノヒ゛ユ−テイ−  牡7 57    5.3
13.オマツリオトコ      牡4 56     * 
14.アルフアマム       牝5 55   11.0
15.ケンシンコウ       牡7 57     * 
16.ア−ムス゛レイン     牡4 56   58.1

3連単オッズ(上位36組)
 2−10− 7 178  10−12− 6 178
 7−10− 2 144  10−12− 7  57
 7−10−11 107  10−12−11  92
 7−10−12  66  10−12−14 114
 7−10−14 133  10−14− 7 128
 7−11−10 140  10−14−12 128
 7−12−10  80  11− 7−10 149
 7−14−10 177  11−10− 7 125
10− 2− 7 139  11−10−12 126
10− 2−12 140  11−12−10 150
10− 7− 2 123  12− 7−10  80
10− 7− 6 177  12−10− 2 144
10− 7−11  92  12−10− 7  66
10− 7−12  57  12−10−11 108
10− 7−14 114  12−10−14 133
10−11− 7 101  12−11−10 141
10−11−12 101  14−10− 7 162
10−12− 2 123  14−10−12 162

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 197 682 277   5−12  68 354  84
 1− 3 328 820 547   5−13  *   *   * 
 1− 4  *   *   *    5−14 142 441 210
 1− 5 389 882 694   5−15  *   *   * 
 1− 6 287 777 454   5−16 648 956  * 
 1− 7  86 549 102   6− 7  50 207  66
 1− 8  *   *   *    6− 8 990  *   * 
 1− 9 833  *   *    6− 9 482 651  * 
 1−10  43 468  47   6−10  25 169  29
 1−11 145 624 190   6−11  84 246 128
 1−12  87 550 103   6−12  50 207  66
 1−13  *   *   *    6−13 889  *   * 
 1−14 181 665 250   6−14 105 269 173
 1−15  *   *   *    6−15 791 960  * 
 1−16 826  *   *    6−16 478 647  * 
 2− 3 130 210 345   7− 8 298 314  * 
 2− 4 590 671  *    7− 9 145 161  * 
 2− 5 154 234 454   7−10   8  21  12
 2− 6 114 193 278   7−11  25  41  67
 2− 7  34 109  50   7−12  15  30  30
 2− 8 680 761  *    7−13 267 283  * 
 2− 9 331 411  *    7−14  32  47  95
 2−10  17  86  21   7−15 238 254  * 
 2−11  58 135 101   7−16 144 160  * 
 2−12  35 109  50   8− 9  *   *   * 
 2−13 610 691  *    8−10 147  *  151
 2−14  72 150 139   8−11 502  *  547
 2−15 543 624  *    8−12 299  *  315
 2−16 328 409  *    8−13  *   *   * 
 3− 4 984  *   *    8−14 627  *  695
 3− 5 257 475 561   8−15  *   *   * 
 3− 6 190 407 356   8−16  *   *   * 
 3− 7  57 262  73   9−10  72  *   76
 3− 8  *   *   *    9−11 245  *  289
 3− 9 552 772  *    9−12 146  *  162
 3−10  28 216  33   9−13  *   *   * 
 3−11  96 308 140   9−14 305  *  374
 3−12  57 262  73   9−15  *   *   * 
 3−13  *   *   *    9−16  *   *   * 
 3−14 120 334 188  10−11  13  17  51
 3−15 905  *   *   10−12   8  12  22
 3−16 547 767  *   10−13 132 136  * 
 4− 5  *   *   *   10−14  16  20  74
 4− 6 860  *   *   10−15 118 122  * 
 4− 7 258  *  275  10−16  71  75  * 
 4− 8  *   *   *   11−12  26  67  41
 4− 9  *   *   *   11−13 451 495  * 
 4−10 128  *  132  11−14  53  97 119
 4−11 436  *  481  11−15 401 446  * 
 4−12 259  *  276  11−16 243 287  * 
 4−13  *   *   *   12−13 268 284  * 
 4−14 544  *  613  12−14  32  48  96
 4−15  *   *   *   12−15 239 255  * 
 4−16  *   *   *   12−16 144 161  * 
 5− 6 225 528 392  13−14 563  *  631
 5− 7  68 354  84  13−15  *   *   * 
 5− 8  *   *   *   13−16  *   *   * 
 5− 9 654 961  *   14−15 501 569  * 
 5−10  34 296  38  14−16 303 371  * 
 5−11 114 410 158  15−16  *   *   * 




サイト名: NAVIKEIBA   http://www.navikeiba.com
この記事のURL:   http://www.navikeiba.com/modules/tinyd01/index.php?id=866