皐月賞

トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 皐月賞

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 先日おこなわれた野球のWBCの熱気は、まだ冷めやらぬようだ。テレビも“WBCの視聴率40%超え”にあやかって、とくに大谷翔平選手をからめての番組内容が多くなっている。その大谷選手、アメリカでもさらに人気は高まって、昼の情報番組によれば「次の契約では、12年の年俸で6億ドルか…!?」という米報道まで出ているらしい。
 その昼の情報番組では“6億ドル”=“約810億円”という換算表記をしたが、出演者からは「1ドル150円のときなら、900億円ですね…」という発言があった。そう、すっかり忘れていたが、昨年11月には1ドル150円の円安だった。ここでふと思い出すのが、「円安の原因は、日米の政策金利の差にある…」という経済評論家たちの当時の解説である。
昨年11月以降も、アメリカの政策金利は利上げを何度か繰り返しており、3月末にも上がったばかりである。ところが、アメリカの政策金利はどんどん上がるが、それに逆らうかのように昨年末から円高になった。年が明けて1度だけ反転して1ドル140円近くになったものの、また円高に向かい、現時点では1ドル133円前後である。日米の政策金利の差は開く一方だが、別に円安に向かうわけではない。
それはさておき、円安になってエネルギー価格が高騰して日本国民は苦労しているが、言うまでもなく、円安もそして円高も、それぞれにデメリットとメリットがある。最近テレビでよく目にするのが訪日外国人の増加、いわゆるインバウンドが増えているというニュースである。日本で安く買物ができる外国人の訪日が増えるのは自然なことで、これは円安のメリットである。今週になって「訪日外国人の数は、コロナ前の水準に戻った…」という報道もあった。
そのインバウンド効果は半端ではないようだ。夜の経済ニュースによると、2022年度、百貨店はおおむね増収増益らしい。たとえば、新宿を代表する有名百貨店などは、前年度からの大幅な増収増益で、1991年の実績に匹敵・やや超えるものだという。番組では「ハブル期超えですか…」とのコメントも飛び出した。
 さて、今週は皐月賞である。
 先週の桜花賞では、単勝1番人気のリバティアイランドが快勝した。リバティアイランドはレース前から主役とも言われたが、この際、「競馬で主役とは、何ぞや…?」を少々考えてみたい。
“主役”という言葉を辞書で調べると、「演劇などで主人公を演じる人…」「重要な役割を果たす人…」などという解説が並ぶ。競馬の主役の場合は、どちらかと言えば、演劇などで主人公を演じる人のほうだろうか。競馬で主役と言われれば、人気になるものであり、人気といえば“役者”を連想する。
 ところで、リバティアイランドは単なる単勝1番人気ではなく、単勝配当1.6倍の断然人気だった。あくまでも“1つの判断基準”ではあるが、この“断然人気”という点が「主役と呼べる所以ではないか…」と思うわけである。
そこで皐月賞の過去10年で断然人気だった馬たちをピックアップしてみる。なお、“単勝配当2.5倍以下”を“断然人気がある”と判断する基準にした。該当したのは2017年7着ファンディーナ(単勝2.4倍)、2019年1着サートゥルナーリア(単勝1.7倍)の2頭だった。ちなみに、桜花賞には過去10年で5頭いた。
つまり皐月賞の過去10年で、人気面から主役と呼べる馬がいた年は2回しかなかったのだ。後の8回は“主役不在”で、皐月賞は主役不在の年のほうが多かったことになる。そして、今年の皐月賞もどうやら主役不在のようだ。
 そんな皐月賞の活躍馬の“前走”を過去10年で見る。
 まず皐月賞1着馬である。前走で最も多いのが共同通信杯で、共同通信杯1着が3頭、2着が2頭である。次いで、スプリングステークスで、スプリングステークス1着が1頭、2着が1頭である。またホープフルステークス1着も2頭いるが、今年のホープフルステークス1着馬は登録していない。そして、残る1頭が毎日杯の1着だが、こちらも今年は皐月賞への登録がない。
 つぎに皐月賞2着馬である。前走で最も多いのが弥生賞で、弥生賞1着が3頭、弥生賞4着が2頭である。あとはバラバラで、スプリングステークス2着、アーリントンカップ1着、若葉ステークス1着、朝日杯フューチュリティステークス1着、東京スポーツ杯2歳ステークス1着がそれぞれ1頭ずつになっている。
 皐月賞で活躍した馬の“前走”は、誰もが簡単に知ることができる。今年の登録馬でも、いまあげた“前走”で好走した馬が人気になるのだろう。ただ、ほかの“前走”から、皐月賞に挑んでくる馬の中に、人気になりそうな馬もいる。1月のG卦成杯の優勝馬ソールオリエンス、2月のG靴さらぎ賞の覇者フリームファクシなどである。
 ちなみに、きさらぎ賞1着が“前走”という馬の皐月賞優勝は1990年のハクタイセイがいる。また、皐月賞の“前走”が京成杯というのは、2018年皐月賞3着ジェネラーレウーノ、2010年皐月賞3着エイシンフラッシュがいる。しかし、どちらのレースも過去の結果からは「イマイチ…」である。

予想オッズ 皐月賞
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.ソ−ルオリエンス     牡3 57    5.8
 2.ワンタ゛イレクト     牡3 57     * 
 3.ク゛リユ−ネク゛リ−ン  牡3 57     * 
 4.シヨウナンハ゛シツト   牡3 57   29.2
 5.フリ−ムフアクシ     牡3 57   10.7
 6.ウインオ−テ゛イン    牡3 57     * 
 7.フアントムシ−フ     牡3 57    4.3
 8.トツフ゜ナイフ      牡3 57   10.9
 9.ホウオウヒ゛スケツツ   牡3 57   28.7
10.ラスハンメル       牡3 57     * 
11.シヤサ゛−ン       牡3 57   36.1
12.タ゛ノンタツチタ゛ウン  牡3 57    7.5
13.ク゛ラニツト       牡3 57     * 
14.タステイエ−ラ      牡3 57   10.6
15.ヘ゛ラシ゛オオヘ゜ラ   牡3 57    7.2
16.タツチウツト゛      牡3 57    7.2
17.メタルスヒ゜−ト゛    牡3 57   66.2
18.マイネルラウレア     牡3 57     * 

3連単オッズ(上位36組)
 1− 7−12 187   7−15−16 213
 1− 7−14 257   7−16− 1 176
 1− 7−15 177   7−16−12 226
 1− 7−16 179   7−16−15 214
 1−12− 7 207  12− 1− 7 214
 1−15− 7 195  12− 7− 1 201
 1−16− 7 198  12− 7−15 245
 7− 1− 5 245  12− 7−16 248
 7− 1− 8 251  15− 1− 7 200
 7− 1−12 176  15− 7− 1 188
 7− 1−14 243  15− 7−12 241
 7− 1−15 167  15− 7−16 232
 7− 1−16 169  15−16− 7 255
 7−12− 1 184  16− 1− 7 204
 7−12−15 224  16− 7− 1 191
 7−12−16 227  16− 7−12 245
 7−15− 1 173  16− 7−15 233
 7−15−12 222  16−15− 7 256

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 259 279  *    6− 9  *   *   * 
 1− 3 240 260  *    6−10  *   *   * 
 1− 4  91 111 507   6−11  *   *   * 
 1− 5  35  54  96   6−12 327  *  361
 1− 6 250 270  *    6−13  *   *   * 
 1− 7  13  32  23   6−14 459  *  523
 1− 8  35  55 100   6−15 309  *  339
 1− 9  89 109 487   6−16 314  *  344
 1−10 272 291  *    6−17  *   *   * 
 1−11 110 130 716   6−18  *   *   * 
 1−12  25  44  56   7− 8  25  35  88
 1−13 275 295  *    7− 9  63  74 449
 1−14  34  54  95   7−10 193 204  * 
 1−15  23  42  51   7−11  78  88 666
 1−16  24  43  53   7−12  18  27  48
 1−17 171 191  *    7−13 196 206  * 
 1−18 263 283  *    7−14  25  35  83
 2− 3  *   *   *    7−15  17  26  44
 2− 4  *   *   *    7−16  17  27  45
 2− 5 478  *  544   7−17 122 132  * 
 2− 6  *   *   *    7−18 187 198  * 
 2− 7 184  *  194   8− 9 168 236 580
 2− 8 489  *  558   8−10 514 583  * 
 2− 9  *   *   *    8−11 208 276 835
 2−10  *   *   *    8−12  46 112  79
 2−11  *   *   *    8−13 521 590  * 
 2−12 338  *  372   8−14  65 132 128
 2−13  *   *   *    8−15  44 109  73
 2−14 474  *  539   8−16  44 110  74
 2−15 319  *  349   8−17 324 393  * 
 2−16 324  *  355   8−18 498 567  * 
 2−17  *   *   *    9−10  *   *   * 
 2−18  *   *   *    9−11 521 943  * 
 3− 4  *   *   *    9−12 116 521 149
 3− 5 444  *  510   9−13  *   *   * 
 3− 6  *   *   *    9−14 163 574 227
 3− 7 171  *  181   9−15 110 513 139
 3− 8 454  *  523   9−16 111 515 142
 3− 9  *   *   *    9−17 812  *   * 
 3−10  *   *   *    9−18  *   *   * 
 3−11  *   *   *   10−11  *   *   * 
 3−12 314  *  348  10−12 355  *  389
 3−13  *   *   *   10−13  *   *   * 
 3−14 440  *  505  10−14 498  *  562
 3−15 297  *  327  10−15 335  *  365
 3−16 301  *  332  10−16 340  *  371
 3−17  *   *   *   10−17  *   *   * 
 3−18  *   *   *   10−18  *   *   * 
 4− 5 168 598 233  11−12 143 760 177
 4− 6  *   *   *   11−13  *   *   * 
 4− 7  65 468  75  11−14 201 828 265
 4− 8 172 602 240  11−15 135 750 165
 4− 9 431 871 852  11−16 137 753 168
 4−10  *   *   *   11−17  *   *   * 
 4−11 532 974  *   11−18  *   *   * 
 4−12 119 542 152  12−13 360 394  * 
 4−13  *   *   *   12−14  45  77 107
 4−14 166 596 230  12−15  30  62  59
 4−15 112 534 142  12−16  31  63  60
 4−16 114 536 144  12−17 224 257  * 
 4−17 831  *   *   12−18 344 377  * 
 4−18  *   *   *   13−14 505  *  570
 5− 6 463 529  *   13−15 340  *  370
 5− 7  25  85  35  13−16 345  *  376
 5− 8  65 129 132  13−17  *   *   * 
 5− 9 164 229 575  13−18  *   *   * 
 5−10 502 568  *   14−15  42 104  71
 5−11 203 268 830  14−16  43 105  73
 5−12  45 108  78  14−17 313 378  * 
 5−13 509 575  *   14−18 482 547  * 
 5−14  63 127 126  15−16  29  58  58
 5−15  43 105  72  15−17 211 241  * 
 5−16  43 106  73  15−18 325 355  * 
 5−17 316 382  *   16−17 214 245  * 
 5−18 486 552  *   16−18 330 360  * 
 6− 7 178  *  189  17−18  *   *   * 
 6− 8 474  *  543




サイト名: NAVIKEIBA   http://www.navikeiba.com
この記事のURL:   http://www.navikeiba.com/modules/tinyd01/index.php?id=826