フェブラリーステークス

トータライザー 柏木次郎

予想オッズ フェブラリーステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 今週、公共放送の番組を見て知ったのだが、今、“食用油の廃液”がホットな話題で、しかも我々の生活にも影響しているらしい。食用油の廃液とは、飲食店やスーパーなどで“揚げ物”を揚げた後の不要になった食用油のことである。
 まず話はそれこそ飛ぶが、いまヨーロッパでは、飛行機のことを“飛び恥”と揶揄しているそうだ。飛行機に使うジェット燃料は、燃焼すると大量の二酸化炭素を出す。地球環境に悪く、だから“恥”なのだそうだ。そのためヨーロッパでは、遠距離でも列車で移動が可能なら、列車を利用する人が増えているらしい。
 そこで食用油の廃液から、バイオ燃料“SAF”というものを作りだし、これをジェット燃料に混ぜるようになったという。SAFは、ジェット燃料の20%の二酸化炭素しか排出しない利点があるそうだ。その結果、SAFの元になる食用油の廃液の需要が高まり、取り合いにもなっているようだ。
 以前は、食用油の廃液は邪魔者にすぎず、お金を出して廃棄処分をしていたという。それがやがて業者がタダで引き取ってくれるようになり、今では有料で買い取ってくれる業者も増えてきたようだ。とくにSAFの海外での需要が旺盛で、食用油の廃液の価格も急上昇(3倍とも…)しているらしい。
 この話は、さらにつづく。ヨーロッパでは、SAFの導入に消極的な国への航空便を、控える動きがでているという。番組では「ヨーロッパの航空会社の日本発着便がなくなるかも…」なんてセンセーショナルな言い方をしていた。当然、日本でもSAFへの本格的な取り組みは始まり、SAFの大規模工場も建設の段取りに入っているそうだ。
 そしてこの話は、ここで終わらない。何と、食用油の廃液は、ニワトリの“えさ”に大量に含ませているらしい。われわれはニュースで、とうもろこしなどの穀物価格の上昇に伴う鶏肉や卵の値段高騰ばかりニュースで聞かされている。しかし、食用油の廃液の価格高騰も大きく影響しているのだ。
 ということは、世界的に穀物価格が安定しても、SAF問題が過熱すれば、さらなる鶏肉や卵の高騰にもなりかねない。卵が以前の価格に戻ることは望めないのかもしれない。
 さて、今週はG汽侫Д屮薀蝓璽好董璽スである。
 今年の出走メンバーを見て、「昨年などとは違う…」と思ったことがある。JRAに、ダートG気錬欧弔靴ない。1つが、このフェブラリーステークスであり、もう1つが昨年12月のチャンピオンズカップである。時期的にも、また距離的にも近く、チャンピオンズカップの出走馬は例年、フェブラリーステークスに少なくとも5〜6頭は出走していたと思うのだが、今年はわずか2頭の登録なのである。ちなみに、昨年は8頭、一昨年は6頭ほどチャンピオンズカップ組が出走していた。
 たとえば、昨年12月のチャンピオンズカップで1着から順に上位5着まで列挙すると、ジュンライトボルト、クラウンプライド、ハピ、テーオーケインズ、シャマルという具合になるが、この5頭は今回のフェブラリーステークスに登録していない。登録しているのは、チャンピオンズカップ9着オーヴェルニュ、同10着タガノビューティーだけなのだ。
 チャンピオンズップ組は、近年活躍している。一昨年、昨年とフェブラリーステークスを連覇したカフェファラオは、いずれの年も前年のチャンピオンズカップからのダイレクト挑戦だった。また、一昨年2着のエアスピネルも、前年のチャンピオンズカップのダイレクト組だった。
 チャンピオンズカップ組が手薄な今年は、ほかの路線からの馬たちに大いにチャンスがありそうだ。ほかの路線という点で、今年は例年には見られぬタイプの馬が2頭いる。
 まず、カナダから参戦のシャールズスパイトである。
 前走は、アメリカのG機△修譴發△離屮螢澄璽坤ップマイルで2着の強豪(6歳牡)である。過去14戦のうち半分の7戦がマイル戦で、うち6戦が芝マイル、残り1戦がダートマイルである。芝マイルG気任陵ゾ,癸渦鵑△襦
 まさに芝マイルのスペシャリストで、「安田記念と間違えたのかな…?」という成績の持ち主である。しかも、3歳秋に芝マイルで1分32秒9の高速時計を出しており、何やら安田記念でもやれそうな逸材。余談だが、この高速時計を出したときに騎乗していたのが日本人(北海道浦河町出身)の木村騎手である。木村騎手は一昨年、昨年と、2年連続でカナダのウッドバイン競馬場のリーディングに輝いたとのことだ。
 話を戻す。課題はシャールズスパイトのダート適正だ。ダートマイルのG契錣韮鈎紂■永36秒7という記録はある。フェブラリーステークスの過去10年では、2014年、2015年、2018年と3度、1分36秒台前半での決着があり、芝マイルでの実績を考えても「脈なし…」とも言い難いが、心持ち足りない気もする。ただ怖い点もある。日本でもおなじみ、世界の名手モレイラ騎手が“テノ乗り”で騎乗していることだ。
 もう1頭は、浦和のスピーディキックである。
これまで14戦して9勝というすごい成績の4歳牝馬である。とくにすごいのがここ3戦である。戸塚記念(コンマ7秒)、ロジータ記念(1秒2)、東京シンデレラマイル(コンマ7秒)と3連勝中で、括弧の中の秒数は2着との着差である。そう、3戦連続で圧勝(楽勝?)しているのだ。

予想オッズ フェブラリーステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.シ゛ヤスハ゜−フ゜リンス 牡8 58     * 
 2.シヤ−ルス゛スハ゜イト  牡6 58   20.8
 3.ケンシンコウ       牡6 58   22.8
 4.ト゛ライスタウト     牡4 58    3.6
 5.オ−ウ゛エルニユ     牡7 58   62.8
 6.メイシヨウハリオ     牡6 58    5.5
 7.レモンホ゜ツフ゜     牡5 58    3.4
 8.アト゛マイヤルフ゜ス   牡6 58     * 
 9.シヨウナンナテ゛シコ   牝6 56   15.5
10.テイエムサウスタ゛ン   牡6 58   15.4
11.ソリストサンタ゛−    牡8 58   37.7
12.セキフウ         牡4 58   14.3
13.スヒ゜−テ゛イキツク   牝4 56   18.4
14.ヘリオス         牡7 58   60.9
15.レツト゛ルセ゛ル     牡7 58   14.6
16.ケイアイタ−コイス゛   牡7 58     * 

3連単オッズ(上位36組)
 4− 6− 7  56   7− 4− 9 127
 4− 7− 2 170   7− 4−10 124
 4− 7− 3 188   7− 4−12 118
 4− 7− 6  48   7− 4−13 151
 4− 7− 9 129   7− 4−15 121
 4− 7−10 126   7− 6− 4  54
 4− 7−12 120   7− 9− 4 164
 4− 7−13 153   7−10− 4 160
 4− 7−15 123   7−12− 4 152
 4− 9− 7 169   7−13− 4 197
 4−10− 7 166   7−15− 4 156
 4−12− 7 157   9− 7− 4 201
 4−15− 7 161  10− 4− 7 200
 6− 4− 7  62  10− 7− 4 196
 6− 7− 4  60  12− 4− 7 189
 7− 4− 2 168  12− 7− 4 185
 7− 4− 3 185  15− 4− 7 193
 7− 4− 6  48  15− 7− 4 190

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 820  *   *    5−12 398  *  514
 1− 3 909  *   *    5−13 512  *  701
 1− 4 135  *  142   5−14  *   *   * 
 1− 5  *   *   *    5−15 408  *  528
 1− 6 220  *  238   5−16  *   *   * 
 1− 7 126  *  133   6− 7  10  25  16
 1− 8  *   *   *    6− 8 260 277  * 
 1− 9 617  *  750   6− 9  47  64 171
 1−10 604  *  732   6−10  46  63 165
 1−11  *   *   *    6−11 103 120 696
 1−12 574  *  689   6−12  43  61 151
 1−13 737  *  927   6−13  56  73 232
 1−14  *   *   *    6−14 148 166  * 
 1−15 587  *  708   6−15  44  62 157
 1−16  *   *   *    6−16 225 242  * 
 2− 3 256 487 538   7− 8 149 155  * 
 2− 4  38 246  45   7− 9  27  33 144
 2− 5 570 803  *    7−10  26  32 139
 2− 6  62 280  80   7−11  59  65 618
 2− 7  36 241  42   7−12  25  31 127
 2− 8 968  *   *    7−13  32  38 199
 2− 9 174 403 305   7−14  85  91  * 
 2−10 170 399 296   7−15  26  32 132
 2−11 382 615  *    7−16 129 135  * 
 2−12 161 390 275   8− 9 728  *  861
 2−13 207 437 394   8−10 713  *  841
 2−14 550 784  *    8−11  *   *   * 
 2−15 165 394 284   8−12 676  *  792
 2−16 837  *   *    8−13 869  *   * 
 3− 4  42 296  49   8−14  *   *   * 
 3− 5 631 917  *    8−15 692  *  813
 3− 6  69 336  86   8−16  *   *   * 
 3− 7  39 291  46   9−10 128 258 253
 3− 8  *   *   *    9−11 288 420 911
 3− 9 192 473 324   9−12 121 252 234
 3−10 188 469 315   9−13 156 287 341
 3−11 423 708  *    9−14 414 547  * 
 3−12 179 459 293   9−15 124 255 243
 3−13 230 511 417   9−16 630 763  * 
 3−14 610 895  *   10−11 281 409 905
 3−15 183 463 302  10−12 119 244 232
 3−16 927  *   *   10−13 153 279 338
 4− 5  94 101  *   10−14 405 533  * 
 4− 6  10  17  26  10−15 122 247 240
 4− 7   6  12  12  10−16 616 744  * 
 4− 8 159 166  *   11−12 267 890 382
 4− 9  29  36 147  11−13 343 970 531
 4−10  28  35 142  11−14 912  *   * 
 4−11  63  70 627  11−15 274 896 394
 4−12  27  34 129  11−16  *   *   * 
 4−13  34  41 202  12−13 145 259 330
 4−14  91  98  *   12−14 385 500  * 
 4−15  27  34 135  12−15 116 228 234
 4−16 138 145  *   12−16 585 701  * 
 5− 6 153  *  171  13−14 495 683  * 
 5− 7  88  *   94  13−15 148 334 267
 5− 8  *   *   *   13−16 752 941  * 
 5− 9 429  *  562  14−15 394  *  514
 5−10 420  *  547  14−16  *   *   * 
 5−11 944  *   *   15−16 599 720  * 




サイト名: NAVIKEIBA   http://www.navikeiba.com
この記事のURL:   http://www.navikeiba.com/modules/tinyd01/index.php?id=818