NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
七夕賞
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 七夕賞

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 今年の元旦に発生した能登半島地震から半年が経った。久しぶりにテレビで、能登半島の現状が大きく伝えられた。“輪島の朝市”の地元での開催が決まるなど明るいニュースもあったが、能登半島での今後の暮らしに不安をもち、“他県に転出”する人たちも少なくないようだ。
 少し前に、あるテレビ番組で能登半島の復旧・復興状況に「東日本大震災で対応した者として、もどかしい…」などと野党第1党の議員が発言していた。思い起こせば、東日本大震災の復旧・復興が遅れ、震災から数年も経過しているのに、まだ地元に帰れない“万単位”の地元民がいた。記録を辿れば、震災からおよそ20ヶ月後に政権についた亡き安倍総理が「東北の復興なくして、日本の再生なし…」と総理官邸での記者会見で述べたのは2016年3月10日、震災から5年目を迎える前日のことだったという。
 常磐自動車道の全線開通は2015年、三陸鉄道の全線開通は何と2019年だそうだ。大震災の復旧・復興の遅れは、「誰のせい…」という問題ではないだろう。大地震による被害は甚大で、復旧・復興には時間がかかるのだ。東日本大震災から13年。だが、多くの人々の記憶から、当時の状況が脳裏から消えるほどの時間が経過しているわけではない。当時、政権を担当していた者が「もどかしい…」などと自己正当化をしようとしても、「そうは問屋が卸さない…」のである。
 東日本大震災の対応を考えれば、今年の能登半島地震に対する岸田政権や自治体の対応は“上々”に見える。被災者にとっては「半年も経つのに…」というつらい思いもあるだろう。だが東日本大震災のときの“半年”より先を行っている。
能登半島には、復旧・復興をより遅らせてしまう地震によって起きた大問題があるそうだ。海岸線にはたくさんの港があったが、海底が隆起して使い物にならないらしい。掘削工事、しゅんせつ工事が必要だが、そのためには膨大な費用と時間がかかることは素人にも容易に想像がつく。しかし、これをやらないと漁師たちは「われわれは、どうやって食っていけばいいのか…」と嘆くしかないだろう。
年がら年中、グラグラと揺れている日本列島の上に住んでいる以上、地震災害は日本国民の誰にも起こりうることである。能登半島地震を“政争の具”にするのは、日本国民にとって気持ちのいいものではない。
 さて、今週は福島でG啓畦湿沺⊂倉でG轡廛蹈オンステークスがある。
 まず七夕賞。
 七夕賞といえば、かつては枠連の“そろい目(ゾロ目)”が、なぜか多いレースといわれた。根拠は「そりゃあ、七夕は7月7日だから…」という話だった。調べてみると、実際に多かったが、ただし最後に枠連で“そろい目(ゾロ目)”になったのは、9年前の2015年の“6−6”だった。今週の日曜日はまさに“七夕”である。「ならば、ひょっとして…?」と思うところだが、実は2019年も7月7日開催で枠連は“6−8”だった。七夕賞の“七夕伝説”は、もはや伝説では無くなったのかもしれない。
 それはさておき、七夕賞はハンデ戦である。ハンデ戦といえば、先週のラジオNIKKEI賞、北九州記念もそうだった。ただ、ハンデ戦といっても“一様”ではなく、微妙な特色の違いがあるものだ。
 七夕賞の過去10年では、ハンデの重い馬の活躍が目に付く。1着10頭のうち57キロが6頭、57.5キロが1頭いた。2着10頭のうち57キロが2頭、58キロも1頭いた。今回トップハンデ58キロを背負うのがアラタとフェーングロッテンで、下馬評では両馬ともにやや人気がないようだが、アラタは昨年の巴賞で58キロを背負って1着。フェーングロッテンの前走はハンデのG珪倉大賞典で、ハンデ58キロで5着だった。
ハンデがマイナス材料になるとは言えない七夕賞だが、「ハンデ戦らしい(?)…」といえば、単勝1番人気の活躍が少ないことかもしれない。過去10年の1着10頭で単勝1番人気は2017年のゼーヴィントだけ。2着10頭では2022年のヒートオンビートだけだった。
この結果から、人気のない馬の1着が多いと想像してしまいそうになるが、実はそうでもない。2018年に11番人気のメドウラークが優勝しているが、過去10年の1着10頭のうち3番人気以内だったのは7頭を占める。ただし、2着のほうは人気薄が多い。2着10頭のうち3番人気以内は2頭に対して、7番人気以下が5頭もいた。
つぎに、プロキオンステークスである。
過去10年で“7月の小倉開催”は珍しく、2021年と2022年の2カ年だけである。ほとんどが中京開催で、プロキオンステークスは中京のダート1400mが“基本”に見える。2021年と2022年の小倉開催で、プロキオンステークスはダート1700mで、今年も同距離でおこなわれる。
先週のラジオNIKKEI賞、北九州記念、そして今週の七夕賞がハンデ戦なので、プロキオンステークスも「つい、うっかり…」ハンデ戦と思い込みそうだが、プロキオンステークスは別定戦である。別定戦であることと関係するのか、単勝1番人気の好走は少なくない。過去10年では1着10頭のうち2頭、2着10頭のうち3頭が単勝1番人気だった。だが、だからといって毎年順当な結果だったわけではない。2021年は馬連5万超、馬単9万超、3連単194万超の大波乱だった。

予測オッズ 七夕賞
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.ノ−スサ゛ワ−ルト゛   牡6 55     * 
 2.レツト゛ランメルト    牡5 56   35.6
 3.ホ゛−ンテ゛イスウエイ  牡5 56   17.2
 4.レツト゛ラテ゛イエンス  牡5 57    7.2
 5.カレンルシエルフ゛ル   牡6 57   10.3
 6.アラタ          牡7 58   24.4
 7.ノツキンク゛ホ゜イント  牡4 57.5  8.0
 8.タ゛ンテ゛イス゛ム    牡8 57   26.1
 9.ハ゛ヒ゛ツト       牡7 57   58.4
10.リフレ−ミンク゛     牡6 57    3.5
11.キンク゛ス゛ハ゜レス   牡5 57    3.2
12.タ゛ンテスウ゛ユ−    牡5 55     * 
13.ク゛レンカ゛リ−     牡9 53     * 
14.フエ−ンク゛ロツテン   牡5 58   21.1
15.セイウンフ゜ラチナ    牡5 55   20.7

3連単オッズ(上位36組)
 4−10−11  77  10−11− 7  62
 4−11− 7 168  10−11−14 154
 4−11−10  75  10−11−15 152
 5−10−11 122  11− 3−10 164
 5−11−10 118  11− 4− 5 185
 7−10−11  89  11− 4− 7 143
 7−11− 4 173  11− 4−10  64
 7−11−10  87  11− 5−10  97
10− 3−11 174  11− 7− 4 146
10− 4− 7 166  11− 7−10  73
10− 4−11  68  11−10− 3 125
10− 5−11 103  11−10− 4  53
10− 7− 4 169  11−10− 5  77
10− 7−11  78  11−10− 6 170
10−11− 3 128  11−10− 7  60
10−11− 4  55  11−10− 8 180
10−11− 5  79  11−10−14 150
10−11− 6 175  11−10−15 148

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2  *   *   *    5− 9 266 327  * 
 1− 3 874  *   *    5−10  19  73  25
 1− 4 361  *  389   5−11  17  71  22
 1− 5 531  *  592   5−12 601 663  * 
 1− 6  *   *   *    5−13 512 573  * 
 1− 7 407  *  444   5−14 118 178 347
 1− 8  *   *   *    5−15 116 176 338
 1− 9  *   *   *    6− 7 103 396 139
 1−10 168  *  175   6− 8 320 624 659
 1−11 152  *  157   6− 9 601 906  * 
 1−12  *   *   *    6−10  43 314  49
 1−13  *   *   *    6−11  38 305  44
 1−14  *   *   *    6−12  *   *   * 
 1−15  *   *   *    6−13  *   *   * 
 2− 3 310 899 472   6−14 266 569 501
 2− 4 128 697 156   6−15 262 564 489
 2− 5 188 768 249   7− 8 109 145 436
 2− 6 425  *  730   7− 9 204 240  * 
 2− 7 144 717 181   7−10  15  47  21
 2− 8 449  *  790   7−11  13  45  19
 2− 9 843  *   *    7−12 462 498  * 
 2−10  60 590  66   7−13 393 430  * 
 2−11  54 576  59   7−14  91 127 317
 2−12  *   *   *    7−15  89 125 309
 2−13  *   *   *    8− 9 635 977  * 
 2−14 374 966 610   8−10  45 348  52
 2−15 368 959 596   8−11  41 339  46
 3− 4  66 222  95   8−12  *   *   * 
 3− 5  98 256 158   8−13  *   *   * 
 3− 6 221 383 522   8−14 282 619 517
 3− 7  75 231 111   8−15 277 615 504
 3− 8 233 395 570   9−10  84  *   91
 3− 9 438 601  *    9−11  76  *   82
 3−10  31 176  38   9−12  *   *   * 
 3−11  28 171  34   9−13  *   *   * 
 3−12 991  *   *    9−14 528  *  765
 3−13 844  *   *    9−15 520  *  749
 3−14 194 356 427  10−11   6  12  11
 3−15 191 352 417  10−12 191 198  * 
 4− 5  40  68  99  10−13 163 169  * 
 4− 6  91 120 382  10−14  38  44 248
 4− 7  31  59  66  10−15  37  44 240
 4− 8  96 125 421  11−12 172 178  * 
 4− 9 181 209  *   11−13 146 152  * 
 4−10  13  39  19  11−14  34  39 241
 4−11  12  37  17  11−15  33  39 234
 4−12 409 437  *   12−13  *   *   * 
 4−13 348 377  *   12−14  *   *   * 
 4−14  80 109 305  12−15  *   *   * 
 4−15  79 107 297  13−14  *   *   * 
 5− 6 134 195 430  13−15  *   *   * 
 5− 7  46 104  81  14−15 230 465 457
 5− 8 142 202 473
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)