NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
フェブラリーステークス
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ フェブラリーステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 今週の季節外れの暖かさに、いささかホッとした気分になった。この暖かさは全国的なもので、能登半島も例外ではなかったようだ。その能登半島では復旧が急ピッチで進んでおり、今週は能登半島の珠洲市でのコミュニティー・バスの運行再開の映像が民放のイブニング・ニュースで流れていた。完全ではないが、道路の応急工事により、バスの運行が可能になったらしい。これはこれでホッするグッドニュースだった。
 能登半島の復旧は、瓦礫処理の段階になっているという。「何を基準に60年分…?」は聞き逃したが、およそ60年分の瓦礫を処理しなければならないと、各局はニュースで伝えた。いまは廃材を使ってバイオマス燃料を作り出す技術などもあるそうである。「瓦礫はすべてが“ゴミ”…」ではないのだろう。
 大きな地震があると日本の株価に打撃がありそうなものだが、日本の株価は上昇基調にある。数週前に日経平均株価は3万7千台を回復したばかりだが、今週の初めにはついに日経平均は一時3万8千円台になった。1989年12月のバブル期の最高値3万8千915円が視界に入ってきた。
 「バブルの再燃…!?」なんて声も若干ある。ただ、バブル期には不動産バブルも同時に起きるものだが、いまは起きていないという。確かに、マンション価格は高騰しているものの、資材価格や人件費が高騰の原因だそうだ。“仮需要”ではなく“実需”なのだ。
加えて、戸数は少ないが、海外の富裕層向けのいわゆる“億ション”、それも超のつく億ションが建設されているという。たとえば大阪では1部屋およそ25億円、東京では1部屋およそ200億とかいう超高級マンションが、すでに成約済みだとニュースになった。これら超億ションが平均価格をグ〜ンと押し上げているらしい。
 ニュースでは、日経平均株価が上がっている要因として、アメリカのダウ平均株価が史上最高値を更新し続けていることと円安をあげている。そのとおりなのだろう。しかし、日本経済そのものが好調でなければ、株価が上がり続けることはない。
日本経済をさらに好調に導くのは、サラリーマンの賃金が上がること。人というのは、とくに若いときには、貰うと使いたくなっちゃうものである。今年の春闘の賃上げで、どのぐらい日経平均株価が上積みされるのか、気になる。
 さて、今週は今年最初のG機▲澄璽箸離侫Д屮薀蝓璽好董璽スがある。
 昨年のフェブラリーステークスはレモンポップが優勝。そのレモンポップは、年末のダートG汽船礇鵐團ンズカップも優勝して、つまり一年を通してのダート王になった。過去10年で、フェブラリーステークスとチャンピオンズカップの2つを制したのは、昨年のレモンポップ以外では2017年のゴールドドリームだけである。
 1年を通してダート王になるのは、なかなか難しいようだが、過去10年のフェブリーステークスを見ると、数年にわたり活躍した馬が少なくないことに気づく。
 2014年1着、2015年1着コパノリッキー。2015年2着、2018年3着インカンテーション。2015年3着、2017年2着ベストウォリアー。2016年2着、2018年1着ノンコノユメ。2017年1着、2018年2着ゴールドドリーム。2021年1着、2022年1着カフェファラオ。2年連続もあるが、中には“3年後”に活躍という馬もいた。
今年の登録馬で、過去にフェブラリーステークスで好走歴があるのは、昨年2着のレッドルゼルだけである。レッドルゼルはまだ元気なようではあるが、ただし、すでに8歳である。フェブラリーステークスは1997年にG気望些覆靴燭、それ以降、7歳以上の馬が1着になったことはない。あるのは2着が1回、2021年のエアスピネルである。つまり「2着ならありえる…」とはいえる。
話題を変えて、過去10年の活躍馬の“前走”を見る。
過去10年の1着10頭のうち、4頭はG刑岸ステークスの勝ち馬である。しかし残念なことに、今年は根岸ステークス優勝馬の登録はない。次いでG凝豎ぅ好董璽スの勝ち馬が2頭、フェブラリーステークスの勝者になっている。ところが、今年の東海ステークスの勝者も登録していない。さらに、G汽船礇鵐團ンズカップが“前走”という優勝馬が2頭いたが、今年は該当馬が登録していない。過去10年で活躍したタイプがいずれも不在である。思わず「今年はどうなっているの…!?」と言いたくなる。
 次に人気に注目してみる。
今年のフェブラリーステークスで、下馬評から人気になりそうなのは3頭である。まず昨年末におこなわれた大井競馬のG掬豕大賞典2着のウィルソンテソーロ。つぎに東京大賞典3着のドゥラエレーデ。さらに東京大賞典5着のキングズソードといったあたり。いずれも東京大賞典の出走馬というのが共通点である。しかもウィルソンテソーロは“前々走”がチャンピオンズカップ2着、ドゥラエレーデは“前々走”がチャンピオンズカップ3着で、両馬は“前走”そして“前々走”も同じレースである。
 過去10年に人気上位2頭が1着あるいは2着のどちらかになっており、3頭のいずれかは脈がありそう。ただ一方で、ときに大番狂わせがある点は要注意である。2014年には単勝16番人気のコパノリッキーが1着。2020年には単勝16番人気のケイティブレイブが2着になった。フェブラリーステークスのフルゲートは“16頭”であり、つまりいずれも最低人気だったのである。

予想オッズ フェブラリーステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.イク゛ナイタ−      牡6 58   18.3
 2.シヤンハ゜ンカラ−    牡4 58   62.6
 3.ミツクフアイア      牡4 58   21.2
 4.ト゛ウラエレ−テ゛    牡4 58    4.2
 5.オメカ゛キ゛ネス     牡4 58    4.5
 6.カラテ          牡8 58     * 
 7.カ゛イアフオ−ス     牡5 58   26.8
 8.セキフウ         牡5 58     * 
 9.ヘ゜フ゜チト゛ナイル   牡6 58   57.7
10.タカ゛ノヒ゛ユ−テイ−  牡7 58   19.2
11.キンク゛ス゛ソ−ト゛   牡5 58   10.0
12.スヒ゜−テ゛イキツク   牝5 56   27.2
13.レツト゛ルセ゛ル     牡8 58   12.8
14.ウイルソンテソ−ロ    牡5 58    3.1
15.ト゛ンフランキ−     牡5 58     * 
16.アルフアマム       牝5 56     * 

3連単オッズ(上位36組)
 4− 5−11 160  11− 5−14 154
 4− 5−14  52  11−14− 4 132
 4−11− 5 183  11−14− 5 139
 4−11−14 129  13−14− 4 176
 4−13−14 168  14− 4− 1 161
 4−14− 1 175  14− 4− 5  42
 4−14− 5  46  14− 4−10 169
 4−14−10 183  14− 4−11  92
 4−14−11 100  14− 4−13 117
 4−14−13 127  14− 5− 1 173
 5− 4−11 162  14− 5− 4  43
 5− 4−14  52  14− 5−10 181
 5−11−14 139  14− 5−11  99
 5−13−14 180  14− 5−13 125
 5−14− 4  47  14−11− 4 109
 5−14−11 108  14−11− 5 114
 5−14−13 137  14−13− 4 142
11− 4−14 145  14−13− 5 149

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 529 706  *    5−12  63  74 418
 1− 3 205 380 446   5−13  31  42 115
 1− 4  40 201  50   5−14   7  17  12
 1− 5  43 204  54   5−15 197 208  * 
 1− 6 741 919  *    5−16 180 191  * 
 1− 7 251 426 608   6− 7  *   *   * 
 1− 8 698 875  *    6− 8  *   *   * 
 1− 9 485 662  *    6− 9  *   *   * 
 1−10 183 357 374   6−10 777  *  971
 1−11  98 269 154   6−11 416  *  472
 1−12 259 435 642   6−12  *   *   * 
 1−13 126 298 217   6−13 534  *  626
 1−14  28 182  34   6−14 120  *  126
 1−15 811 989  *    6−15  *   *   * 
 1−16 740 917  *    6−16  *   *   * 
 2− 3 622  *  867   7− 8  *   *   * 
 2− 4 121  *  132   7− 9 696  *   * 
 2− 5 129  *  140   7−10 263 620 455
 2− 6  *   *   *    7−11 140 491 197
 2− 7 759  *   *    7−12 373 732 758
 2− 8  *   *   *    7−13 180 534 272
 2− 9  *   *   *    7−14  41 356  46
 2−10 554  *  748   7−15  *   *   * 
 2−11 296  *  353   7−16  *   *   * 
 2−12 786  *   *    8− 9  *   *   * 
 2−13 381  *  473   8−10 731  *  926
 2−14  86  *   91   8−11 391  *  448
 2−15  *   *   *    8−12  *   *   * 
 2−16  *   *   *    8−13 502  *  595
 3− 4  47 270  57   8−14 113  *  118
 3− 5  50 274  61   8−15  *   *   * 
 3− 6 873  *   *    8−16  *   *   * 
 3− 7 295 537 653   9−10 508  *  702
 3− 8 821  *   *    9−11 272  *  328
 3− 9 571 815  *    9−12 721  *   * 
 3−10 215 456 407   9−13 349  *  442
 3−11 115 352 171   9−14  79  *   84
 3−12 305 548 689   9−15  *   *   * 
 3−13 148 387 239   9−16  *   *   * 
 3−14  33 246  39  10−11 103 290 158
 3−15 955  *   *   10−12 272 465 655
 3−16 871  *   *   10−13 132 321 223
 4− 5  10  19  20  10−14  30 199  35
 4− 6 170 180  *   10−15 850  *   * 
 4− 7  58  68 387  10−16 775 970  * 
 4− 8 160 170  *   11−12 145 202 521
 4− 9 111 121  *   11−13  70 126 160
 4−10  42  52 219  11−14  16  65  21
 4−11  23  32  74  11−15 455 511  * 
 4−12  60  70 413  11−16 415 471  * 
 4−13  29  39 113  12−13 187 566 279
 4−14   7  16  12  12−14  42 380  47
 4−15 186 196  *   12−15  *   *   * 
 4−16 170 180  *   12−16  *   *   * 
 5− 6 180 191  *   13−14  21 101  26
 5− 7  61  72 393  13−15 584 677  * 
 5− 8 170 181  *   13−16 532 625  * 
 5− 9 118 129  *   14−15 132 137  * 
 5−10  45  56 222  14−16 120 125  * 
 5−11  24  35  76  15−16  *   *   * 
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)