NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
天皇賞(秋)
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 天皇賞(秋)

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 IMF(国際通貨基金)は10月23日、2023年の日本の名目GDP(名目国内総生産)が、ドルベースで世界第4位に転落するという見通しを示したという。ただ、名目GDPは米ドル換算なので為替の影響が大きく、実際の順位は年末までの為替動向に左右されると外信は付け加えた。
日本が西ドイツを抜いて名目GDPで世界第2位になったのは1968年のことだそうで、経済成長著しい頃の華々しい日本の姿を映し出していた。ところが1990年代から不動産バブルなどの崩壊で景気が低迷して、2010年には経済で上り調子の中国に追い抜かれて第3位に転落した。それでもしばらくは“第3位”は安泰かと思っていたが、復調気配のドイツに抜かれそうだという話である。
日本の名目GDPが伸び悩む原因は、円安によりドル換算で目減りしたこと以外にもあるようだ。名目GDPは物価変動(物価上昇率など)を考慮するという。ドイツの物価上昇率が日本より格段に高いために、名目GDPを押し上げたと先の外信は述べた。
日本もインフレで物価が高くなって家計に響いているが、直近では2.8パーセント、それ以前では3パーセント台といったところだった。一方、ドイツでは2022年の年平均が8.4パーセントで、直近では大きく下落したものの4.6パーセントと報じられた。日本国民、とくに低所得者や年金暮らしの高齢者にとってインフレはつらい。しかし仮に、名目GDPを追い求めるとすれば、高めのインフレ率の痛みを覚悟せざるを得ない。それでも“良し”とするかは考えものだろう。
ちなみに、実はドイツでは、2022年第4四半期(10月〜12月)から“実質GDP”でマイナスが続いていたという。それが2023年第2四半期(4月〜6月)に“0(ゼロ)パーセント”になり、「ドイツはマイナス成長から脱した…」と記事になった。一方、日本の2023年第2四半期はプラス6.0パーセントと報じられている。
 名目GDPと実質GDP。どちらをどうクローズアップするかで、見方が大きく変わるようである。
 さて、先週の菊花賞では、皐月賞馬とダービー馬が23年ぶりに揃い、両雄の対決ムードが高まった。ところが、2着のダービー馬タスティエーラに対しては3馬身1/2、また3着の皐月賞馬ソールオリエンスにはさらに(2着から)1馬身1/2と、両雄を大きく引き離してドゥレッツァが菊花賞を優勝した。これで5連勝、しかも初重賞制覇だった。
 香港で“雷神”といわれる世界の名手ジョアン・モレイラ騎手が“神騎乗”で、ダービー馬タスティエーラを優勝に導くか。そういう期待もあったが、菊花賞では不利といわれる大外17番ゲートからスタート、しかも過去5戦で逃げたことがないドゥレッツァを、予想外の“ほぼ逃げ”で勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手の“神騎乗”が光った。
 ちなみに、2021年菊花賞馬タイトルホルダーは逃げ切り、2022年菊花賞馬アスクビクターモアもスタートからは2番手も4コーナーで先頭に立つという競馬で、3年連続で“ほぼ逃げ”の馬が菊花賞で勝利したことになる。
 話は変わり、今週の天皇賞(秋)である。
 過去10年の平均出走頭数は15.7頭で、フルゲート18頭も3回あった。今年の登録馬は13頭で、すでに1頭が回避予定となっており、出走頭数は12頭以下になる。2018年(1着レイデオロ)、2019年(1着アーモンドアイ)以来の少ない出走頭数になりそうだ。
 その2018年は突出した馬はいなかったが、4歳と5歳のG汽曄璽垢7頭も参戦した。一方の2019年は頭1つ抜けていたアーモンドアイがいて、ほか7頭のG汽曄璽垢出走した。今年はG汽曄璽垢凌瑤肋なめだが、“ワールドベストホースランキング”というもので“世界ランク1位”のイクイノックスが登場する。ちなみに、2位は6戦全勝で今年の凱旋門賞(フランス)を制したフランスダービー馬エースインパクトだそうだ。
 世界1位のイクイノックスの最大のライバルはドウデュースだろう。昨年のダービーでイクイノックスを2着に退けたのはドウデュースだからである。ダービー後の海外遠征では2戦いずれも4着以下だが、国内での通算は5勝2着1回3着1回と安定感がある。
 「で、その次は…」と続けてしまいそうになるが、いつものように過去10年の1着と2着の“前走”を見ておく。
 過去10年の1着10頭の前走は、G汽澄璽咫爾2頭、G軌妥諜念が2頭、G極萋王冠が2頭、ほかはG教都大賞典、G胸ニ攀念、G喫塚記念、G競ールカマーがそれぞれ1頭ずつである。このうち“安田記念の2頭”は2019年と2020年のアーモンドアイである。
 また2着10頭の前走は、宝塚記念が3頭、安田記念が2頭、札幌記念が2頭、ほかは毎日王冠、G掬傾直沺塀奸法■猫蟻膾綰佞それぞれ1頭である。過去10年の1着も2着も、その前走は結構バラバラである。
 なお、過去10年と1着と2着の前走で、もっともレース間隔があいた馬でも“その年”の4月だった。今年2月以来の実戦になるドウデュースは、この点がいささか気になる。

予想オッズ 天皇賞(秋)
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.ノ−スフ゛リツシ゛    牡5 58     * 
 2.エヒト          牡6 58     * 
 3.ト゛ウテ゛ユ−ス     牡4 58    3.8
 4.タ゛ノンヘ゛ル−カ゛   牡4 58    7.5
 5.カ゛イアフオ−ス     牡4 58   16.6
 6.シ゛ヤステインハ゜レス  牡4 58   14.4
 7.イクイノツクス      牡4 58    2.5
 8.ヒシイク゛アス      牡7 58   24.3
 9.フ゜ロク゛ノ−シス    牡5 58    5.9
10.シ゛ヤツクト゛−ル    牡5 58   11.8
11.アト゛マイヤハタ゛ル   牡5 58   56.4

3連単オッズ(上位36組)
 3− 4− 7  61   7− 3− 9  29
 3− 6− 7 122   7− 3−10  56
 3− 7− 4  43   7− 4− 3  44
 3− 7− 5  90   7− 4− 9  68
 3− 7− 6  79   7− 5− 3 102
 3− 7− 9  34   7− 6− 3  89
 3− 7−10  66   7− 9− 3  34
 3− 9− 7  47   7− 9− 4  65
 3−10− 7  99   7− 9− 6 121
 4− 3− 7  69   7− 9−10 100
 4− 7− 3  58   7−10− 3  72
 4− 7− 9  89   7−10− 9 112
 4− 9− 7 117   9− 3− 7  51
 6− 7− 3 122   9− 4− 7 114
 7− 3− 4  37   9− 7− 3  43
 7− 3− 5  78   9− 7− 4  83
 7− 3− 6  68  10− 3− 7 115
 7− 3− 8 112  10− 7− 3  98

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2  *   *   *    4− 6  57  88 164
 1− 3 151  *  159   4− 7   9  35  12
 1− 4 311  *  342   4− 8  95 126 383
 1− 5 679  *  824   4− 9  24  53  43
 1− 6 594  *  706   4−10  47  78 119
 1− 7  90  *   93   4−11 182 213  * 
 1− 8 983  *   *    5− 6 125 267 235
 1− 9 245  *  265   5− 7  19 139  22
 1−10 487  *  563   5− 8 207 351 504
 1−11  *   *   *    5− 9  52 188  71
 2− 3 161  *  169   5−10 103 244 177
 2− 4 331  *  362   5−11 398 543  * 
 2− 5 722  *  868   6− 7  17 109  20
 2− 6 632  *  744   6− 8 181 292 477
 2− 7  96  *   99   6− 9  45 150  65
 2− 8  *   *   *    6−10  90 199 164
 2− 9 261  *  280   6−11 348 460  * 
 2−10 518  *  594   7− 8  27  31 276
 2−11  *   *   *    7− 9   7  10  23
 3− 4  15  22  43   7−10  14  17  76
 3− 5  32  40 162   7−11  53  56 964
 3− 6  28  36 128   8− 9  75 358  94
 3− 7   4  11   7   8−10 149 443 223
 3− 8  46  54 317   8−11 576 878  * 
 3− 9  12  19  29   9−10  37  56 108
 3−10  23  31  91   9−11 143 163  * 
 3−11  89  96  *   10−11 285 361  * 
 4− 5  65  96 204
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)