NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
菊花賞
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 菊花賞

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 ロシアの外交的プレゼンスの沈下が止まらないようだ。
 今月10日に国連で人権理事会理事国の選挙があったそうだ。ロシアは理事国に立候補したが、得票数でブルガリアとアルメニアに及ばないどころか、過半数にも届かなかったとテレビで報じられた。ちなみに、ウイグルの人権問題を抱えながらも中国は理事国に選ばれ、もちろん日本も理事国になったという。
 そして、いまふたたび勃発したパレスチナ紛争に対して、ロシアは国連に停戦決議案を提出したが、16日の安全保障理事会でアッサリと否決されたそうだ。これに憤慨したロシアの国連大使は、西側が云々と八つ当たりしたようだが、安全保障理事会はロシアのいう西側諸国だけで構成されているわけではない。
 ところで、否決の理由は「ハマスへの非難の文言がない…」というものだったらしい。紛争の絶えないパレスチナに、ここしばらくは「静かな日が続いた…」という表現もあった。ところが、パレスチナ自治区の1つガザ地区を支配する“ハマス”という組織が、今月7日に突然イスラエルに大規模攻撃を仕掛けた。しかも外国人の人質までとった。一方でイスラエルの反撃も問題視されているが、これは「過剰防衛か、どうか…」という法的には“別件”であり、国連としては、まずは“先手”のハマスを非難せざるをえない。
 数年前の強気のロシアなら非難したかもしれないが、「ハマスを応援する…」と堂々と言い放つイランに対する“忖度”が働いたのだろう。いまロシアはウクライナ侵略でイランから大量の攻撃用ドローンを調達しているとニュースになっている。
 ロシアの忖度といえば、今週17日のインタビューで「習近平主席は世界に認められたリーダーと3回繰り返す…」などと発言したそうだ。今週、中国の北京で中国が提唱する“一帯一路”構想の国際会議があり、そこにプーチン大統領も招待されたらしい。
今月13日に中央アジア・キルギスで、旧ソ連構成国でつくる独立国家共同体(CIS)首脳会議が開催されたという。そのときベラルーシのルカシェンコ大統領は、ソ連時代を「誰もが我々を恐れて尊敬した…」と懐かしんだという。今一度、旧ソ連邦の結束を呼びかけたようだが、なぜか、ため息交じりの“嘆き節”に聞こえてしまう。
 さて、今週は菊花賞である。
 まずの話題は、皐月賞馬ソールオリエンスあるいはダービー馬タスティエーラが、菊花賞で3歳クラシックの2冠を達成するか、それである。
 振り返って見れば、皐月賞馬とダービー馬が菊花賞で揃うことが珍しい。過去10年で皐月賞馬とダービー馬が揃ったのは2020年だけ。というか、2020年はコントレイルが3冠を達成した年である。
 2016年、2017年、2018年は皐月賞馬だけ。2014年はダービー馬だけが菊花賞に参戦した。残る2013年、2015年、2019年、2021年、2022年には、皐月賞馬もダービー馬も菊花賞への参戦はなかった。そして、皐月賞馬であれ、ダービー馬であれ、菊花賞で活躍したのはコントレイルのみである。
 菊花賞で、過去10年は結果の出ていない皐月賞馬とダービー馬だが、さらに遡ると風景は違う。皐月賞馬が菊花賞を制したのは、JRAにグレード制が導入された1984年以降、そして2012年までには9頭もいた。
 ただし、この9頭のうち4頭(シンボリルドルフ、ナノタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴル)は3冠馬である。残りの5頭(ミホシンザン、サクラスターオー、セイウンスカイ、エアシャカール、ゴールドシップ)が、皐月賞と菊花賞の2冠馬である。
一方、ダービーと菊花賞の2冠を制した馬は、1984年から2012年まで、3冠馬になった4頭を除けば1頭もない。ちなみに、グレード制になる以前、1983年より前には、1943年のクリフジ、1973年のタケホープの2例があった。
なぜかダービーだけ優勝という馬には、相性の悪い菊花賞のようである。今年のダービー馬タスティエーラが菊花賞馬となれば“プチ快挙”である。香港で“雷神”と呼ばれるジョアン・モレイラ騎手が、今回はタスティエーラに“テン乗り”する。仮に菊花賞優勝ともなれば、この世界の名手の“神騎乗”と言われることになるのだろうか。
最後に、過去10年の菊花賞の1着と2着、その“前走”を見ておく。
過去10年1着の前走だが、G郷生与景糠佞6頭、G競札鵐肇薀ぅ筏念が3頭、G轡薀献NIKKEI賞が1頭である。つぎに2着10頭だが、神戸新聞杯が5頭、セントライト記念が3頭、G胸ニ攀念が1頭、2勝クラス1着が1頭である。
またまたダービー馬タスティエーラにとっては、嫌な材料がでてきた。ダービーからの直行で菊花賞を制した、いや2着になった馬はいない。2020年の3冠馬コントレイルも神戸新聞杯(1着)をひと叩きしており、さらに遡り1984年から2012年までの4頭の3冠馬もすべて、神戸新聞杯またはセントライト記念でひと叩きして菊花賞にのぞんでいた。タスティエーラが勝てば、“よいしょ”ではなく本当に“神騎乗”かもしれない。

予想オッズ 菊花賞
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.トツフ゜ナイフ      牡3 57   17.4
 2.ウインオ−テ゛イン    牡3 57     * 
 3.シ−ス゛ンリツチ     牡3 57     * 
 4.タ゛ノントルネ−ト゛   牡3 57     * 
 5.ハ゜クスオトマニカ    牡3 57     * 
 6.リヒ゛アンク゛ラス    牡3 57   93.9
 7.タステイエ−ラ      牡3 57    3.5
 8.サウ゛オ−ナ       牡3 57   63.6
 9.ノツキンク゛ホ゜イント  牡3 57   27.4
10.マイネルラウレア     牡3 57   12.2
11.サトノク゛ランツ     牡3 57    9.9
12.ハ−ツコンチエルト    牡3 57    9.5
13.ナイトインロント゛ン   牡3 57   66.1
14.ソ−ルオリエンス     牡3 57    2.8
15.フアントムシ−フ     牡3 57   18.1
16.シヨウナンハ゛シツト   牡3 57   64.9
17.ト゛ウレツツア      牡3 57   12.7

3連単オッズ(上位36組)
 1−14− 7 170  12− 7−14  96
 7− 1−14 151  12−14− 7  88
 7−10−14 106  14− 1− 7 129
 7−11−14  86  14− 7− 1  97
 7−12−14  82  14− 7− 9 144
 7−14− 1 104  14− 7−10  70
 7−14− 9 156  14− 7−11  58
 7−14−10  75  14− 7−12  55
 7−14−11  62  14− 7−15 103
 7−14−12  59  14− 7−17  72
 7−14−15 111  14−10− 7  91
 7−14−17  78  14−11− 7  74
 7−15−14 162  14−12− 7  69
 7−17−14 110  14−15− 7 139
10− 7−14 127  14−17− 7  94
10−14− 7 117  15−14− 7 183
11− 7−14 102  17− 7−14 132
11−14− 7  94  17−14− 7 121

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 697 862  *    5−16  *   *   * 
 1− 3 757 922  *    5−17 653  *  743
 1− 4 712 877  *    6− 7 133  *  140
 1− 5 887  *   *    6− 8  *   *   * 
 1− 6 694 859  *    6− 9  *   *   * 
 1− 7  31 177  38   6−10 495  *  580
 1− 8 476 641  *    6−11 406  *  464
 1− 9 244 407 609   6−12 385  *  437
 1−10 116 276 199   6−13  *   *   * 
 1−11  95 254 151   6−14 101  *  105
 1−12  90 249 141   6−15 741  *  928
 1−13 529 694  *    6−16  *   *   * 
 1−14  24 164  28   6−17 511  *  601
 1−15 173 335 357   7− 8  91  98  * 
 1−16 538 703  *    7− 9  47  54 375
 1−17 119 280 208   7−10  22  29  97
 2− 3  *   *   *    7−11  18  25  69
 2− 4  *   *   *    7−12  17  24  63
 2− 5  *   *   *    7−13 102 108  * 
 2− 6  *   *   *    7−14   5  11   8
 2− 7 134  *  141   7−15  33  40 199
 2− 8  *   *   *    7−16 103 110  * 
 2− 9  *   *   *    7−17  23  30 103
 2−10 497  *  582   8− 9 717  *   * 
 2−11 408  *  465   8−10 340  *  424
 2−12 386  *  438   8−11 279  *  336
 2−13  *   *   *    8−12 264  *  316
 2−14 102  *  106   8−13  *   *   * 
 2−15 743  *  931   8−14  69  *   74
 2−16  *   *   *    8−15 508  *  695
 2−17 513  *  603   8−16  *   *   * 
 3− 4  *   *   *    8−17 350  *  440
 3− 5  *   *   *    9−10 174 535 258
 3− 6  *   *   *    9−11 143 501 200
 3− 7 145  *  152   9−12 135 493 187
 3− 8  *   *   *    9−13 797  *   * 
 3− 9  *   *   *    9−14  36 350  40
 3−10 540  *  625   9−15 260 625 446
 3−11 443  *  501   9−16 811  *   * 
 3−12 420  *  471   9−17 180 541 269
 3−13  *   *   *   10−11  68 150 124
 3−14 110  *  114  10−12  64 146 115
 3−15 808  *  995  10−13 377 462  * 
 3−16  *   *   *   10−14  17  89  21
 3−17 557  *  647  10−15 123 207 306
 4− 5  *   *   *   10−16 384 469  * 
 4− 6  *   *   *   10−17  85 168 173
 4− 7 137  *  143  11−12  53 108 103
 4− 8  *   *   *   11−13 310 367  * 
 4− 9  *   *   *   11−14  14  63  18
 4−10 508  *  592  11−15 101 158 282
 4−11 417  *  474  11−16 315 373  * 
 4−12 395  *  446  11−17  70 126 157
 4−13  *   *   *   12−13 293 345  * 
 4−14 104  *  108  12−14  13  57  17
 4−15 759  *  947  12−15  96 147 277
 4−16  *   *   *   12−16 299 350  * 
 4−17 524  *  614  12−17  66 117 153
 5− 6  *   *   *   13−14  77  *   81
 5− 7 170  *  177  13−15 565  *  752
 5− 8  *   *   *   13−16  *   *   * 
 5− 9  *   *   *   13−17 390  *  480
 5−10 633  *  718  14−15  25  29 184
 5−11 519  *  577  14−16  79  83  * 
 5−12 492  *  544  14−17  18  22  94
 5−13  *   *   *   15−16 574 762  * 
 5−14 129  *  133  15−17 127 310 216
 5−15 947  *   *   16−17 396  *  486
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)