NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
ユニコーンステークス
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ ユニコーンステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 先週末にイブニング・ニュースを見ていたら、国産小麦を使うパン屋さんなどが増えてきたと報じていた。
以前は輸入小麦の価格のほうが断然安く、国内産の小麦は太刀打ちできなかったという。ところが、ロシアのウクライナ侵略で海外の小麦価格が上昇したことに加え、円安も手伝って、今や輸入小麦(単位当たり約4400円)に対して国産の小麦(単位あたり約4600円)と、価格差がなくなってきたらしい。ちなみに、括弧内に“単位当たり”と表記したが、その“単位”は聞き逃した。
このところ工業の国内生産への回帰が話題になっているが、食品の小麦にも国内回帰の動きが見られるようだ。これは肉類も同様で、スーパーなどでは、国内産の肉類のスペースが広がっているという。これも海外産の肉類と国産の肉類の仕入れ価格に差がなくなってきたからだと、イブニング・ニュースは伝えていた。さらに、実際にはまだ、海外産と国産との間に価格差は若干あるようだが、価格差が「大差ない…」なら、「国産のほうが安心…」と考え、国産品を購入する消費者が多いと付け加えた。
この食品の国内回帰は、「一時的なもの…」という見方もできる。ロシアのウクライナ侵略が終結、あるいは円安から一転して円高に向かえば、「元に戻るはず…」というわけだ。しかし、地球規模での人口の増大による食糧不足は、もはや単なる“危惧”ではないという。また先頃、ロシア軍によるウクライナのダム破壊で、ウクライナの穀倉地帯が水浸しになり、「向こう10年は回復しない…」との話もある。
そういえば、これからの食料不足に備えて、大豆などから“ミート(肉)もどき”を作るとか、「昆虫を食べよう…」などいう動きが、最近のニュースなどでたびたび取り上げられている。輸入小麦の価格だけではなく、輸入の肉類の価格も、今後は安くなるとは限らないことが予想される。
今月2日には、食料安全保障に関する会議がおこなわれたらしい。工業の国内回帰に関しては、経済産業省が国内の工業の安全保障を守るとして、相当に頑張っているようだが、日本の食料安全保障を守るために、農林水産省には頑張って頂きたい。
さて、今週はG轡罐縫魁璽鵐好董璽スである。
春の3歳限定のダート戦では、グレードで頂点にあるレースである。そのためか、過去10年の活躍馬を見ると、2013年1着ベストウォーリア(フェブラリーステークス2着)、同年3着サウンドトゥルー(チャンピオンズカップ優勝)、2015年1着ノンコノユメ(フェブラリーステークス優勝)、2016年1着ゴールドドリーム(フェブラリーステークス優勝、チャンピオンズカップ優勝)、2018年1着ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズカップ優勝)、2020年1着カフェファラオ(フェブラリーステークスを2度優勝)と蒼々たるメンバーが並ぶ。ユニコーンステークス後に、JRAに2つしかないダートのG気如⊂ー圓泙燭錬加紊砲覆辰診呂髻▲罐縫魁璽鵐好董璽スは数多く輩出してきたのだ。
いまあげた馬たちはすべて、ユニコーンステークスでは単勝3番人気以内だった。ユニコーンステークスで、多くのファンが「優勝圏内にある…」と考えた馬たちと言うことができそうだ。
ところが、ここ2年は波乱が続いた。2021年は単勝7番人気のスマッシャーが1着、単勝14番人気のサヴァが2着になった。また2022年1着は単勝7番人気のペイシャエス、2着は単勝9番人気のセキフウだった。4頭ともに、いまのところ、2つのJRAのダートG気之覯漫複鈎絨米癲砲禄个靴討い覆ぁ
ユニコーンステークスの過去10年、いや2021年と2022年を除く、それ以前の8年を見ると、1着あるいは2着で単勝4番人気以下だったのは、2014年2着コーリンベリー(単勝4番人気)、2015年2着ノボバカラ(単勝9番人気)、2017年2着ハルクンノテソーロ(単勝5番人気)の3頭である。
波乱のここ2年、1着と2着の都合4頭はいずれも単勝7番人気以下だったが、いまあげた3頭のうち単勝7番人気以下だったのは、2015年2着ノボバカラだけである。つまり2021年と2022年の起きた人気薄の活躍は、2013年から2020年までの8年間には1回(1頭)しかなかったのである。
明らかに“異質”の2013年から2020年までの“8年”と、2021年と2022年の“2年”であるが、どういう原因があったのかは、もちろん、わかるはずもない。つまり、今年がどちらの側に転がるのかも、わかるすべはない。
ところで、過去10年の勝ち馬の“前走”を見ると、青竜ステークスが2頭(1着と5着)、鳳凰ステークスが1頭(4着)、伏竜ステークスが1頭(2着)、端午ステークスが1頭(3着)、三浦特別(2勝クラス)が1頭(4着)、ヒヤシンスステークスが1頭(1着)、芝のG毅裡硲縫泪ぅ襯ップが1頭(9着)、そして地方競馬の兵庫チャンピオンシップが2頭(2着が2頭)である。ちなみに、括弧の中はその前走での着順だが、“前走”のレースもバラバラ、しかも着順は1着が2頭、2着が3頭で、“前走”の着順がよかった馬、そういうわけでもなかった。

予想オッズ ユニコーンステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.オマツリオトコ      牡3 56   12.0
 2.シ゛ヤスハ゜−ハ゛ロ−ス 牡3 56   34.0
 3.ヘ゜リエ−ル       牡3 56    2.9
 4.ラフエイシ゛アン     牡3 56   33.5
 5.ワ−ルス゛コライト゛   牡3 56   12.3
 6.アイフア−テイオ−    牡3 56   60.3
 7.サンライス゛シ゛−ク   牡3 56   18.7
 8.カレンアルカンタラ    牡3 56   35.5
 9.ク゛レ−トサント゛シ−  牡3 56    3.5
10.ニシキキ゛ミツチ−    牡3 56     * 
11.ニシノカシミヤ      牝3 54   12.9
12.ヘンリ−         牡3 56   23.3
13.フ゛ライアンセンス    牡3 56    6.5
14.ハ−ト゛ワイヤ−ト゛   牡3 56   66.0
15.メイシヨウモス゛     牡3 56     * 

3連単オッズ(上位36組)
 1− 3− 9 126   3−13−11 179
 1− 9− 3 133   5− 3− 9 130
 3− 1− 9 100   5− 9− 3 138
 3− 1−13 182   9− 1− 3 111
 3− 5− 9 103   9− 3− 1  81
 3− 5−13 188   9− 3− 5  84
 3− 7− 9 157   9− 3− 7 124
 3− 9− 1  77   9− 3−11  87
 3− 9− 4 185   9− 3−12 153
 3− 9− 5  79   9− 3−13  45
 3− 9− 7 117   9− 5− 3 115
 3− 9−11  82   9− 7− 3 174
 3− 9−12 145   9−11− 3 119
 3− 9−13  42   9−13− 3  57
 3−11− 9 107  11− 3− 9 135
 3−13− 1 168  11− 9− 3 143
 3−13− 5 173  13− 3− 9  60
 3−13− 9  50  13− 9− 3  64

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 201 282 692   5− 9  23 100  29
 1− 3  18  89  23   5−10 562 650  * 
 1− 4 196 278 667   5−11  88 173 180
 1− 5  83 163 167   5−12 158 244 445
 1− 6 315 397  *    5−13  44 126  67
 1− 7 123 205 311   5−14 353 440  * 
 1− 8 207 289 729   5−15 489 576  * 
 1− 9  22  95  29   6− 7 485  *  677
 1−10 546 629  *    6− 8 813  *   * 
 1−11  86 166 177   6− 9  86  *   93
 1−12 153 235 440   6−10  *   *   * 
 1−13  43 121  66   6−11 337  *  430
 1−14 343 425  *    6−12 601  *  896
 1−15 475 558  *    6−13 168  *  192
 2− 3  45 478  50   6−14  *   *   * 
 2− 4 491 992 971   6−15  *   *   * 
 2− 5 206 698 293   7− 8 318 509 847
 2− 6 788  *   *    7− 9  34 204  40
 2− 7 308 805 500   7−10 840  *   * 
 2− 8 517  *   *    7−11 132 320 224
 2− 9  55 501  61   7−12 235 426 526
 2−10  *   *   *    7−13  66 247  89
 2−11 214 707 307   7−14 528 720  * 
 2−12 383 882 676   7−15 731 924  * 
 2−13 107 583 131   8− 9  56 531  63
 2−14 858  *   *    8−10  *   *   * 
 2−15  *   *   *    8−11 221 745 314
 3− 4  44  49 460   8−12 395 926 688
 3− 5  19  23  94   8−13 110 617 134
 3− 6  71  75  *    8−14 885  *   * 
 3− 7  28  32 193   8−15  *   *   * 
 3− 8  46  51 507   9−10 149 156  * 
 3− 9   5   9  11   9−11  23  30 107
 3−10 122 127  *    9−12  42  49 303
 3−11  19  24 100   9−13  12  18  33
 3−12  34  39 288   9−14  94 100  * 
 3−13  10  14  31   9−15 130 136  * 
 3−14  77  81  *   10−11 584  *  678
 3−15 106 111  *   10−12  *   *   * 
 4− 5 202 673 289  10−13 291  *  315
 4− 6 771  *   *   10−14  *   *   * 
 4− 7 302 778 493  10−15  *   *   * 
 4− 8 506 987  *   11−12 164 256 452
 4− 9  54 482  60  11−13  46 134  69
 4−10  *   *   *   11−14 367 460  * 
 4−11 210 682 303  11−15 508 602  * 
 4−12 375 853 668  12−13  82 360 105
 4−13 105 561 128  12−14 655 950  * 
 4−14 840  *   *   12−15 907  *   * 
 4−15  *   *   *   13−14 183 207  * 
 5− 6 324 411  *   13−15 253 277  * 
 5− 7 127 213 314  14−15  *   *   * 
 5− 8 213 300 736
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)