NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
日経新春杯
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 日経新春杯

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 中国での新型コロナウイルスの感染爆発に際し、日本政府は水際対策を強化してきた。これに対して中国政府は、今週、日本人のビザ発給を一時停止すると通告してきた。「中国政府による日本の水際対策への報復…」とのことらしい。しかしこの報復措置、中国の正月休みにあたる“春節”で、中国人観光客が日本に大挙襲来する事態を嫌っていたネット民たちには、意外にも好評だったようである。
このネット民たち、昨年の暮れぐらいから、日本と中国との往来を制限することをネット上で求めていた。とはいえ、たとえば日本政府がビザ発給を一時停止するのは、さすがに角が立つ。ネット民たちも、「やはり無理筋か…」とは思っていただろう。
 そうしていたら、中国のほうから日本人へのビザ発給の一時停止をやってくれた。中国からの渡航は止まらないが、そこは検査の徹底という手段がある。一方、日本人が無防備に渡航して、感染して帰国することはビサ発給一時停止が防いでくれる。ネット民からすれば、自分たちの気持ちを、中国政府が忖度してくれたような格好になった。
これで、日本企業に影響がでるとテレビなどでは報じているが、ネット・ニュースなどによれば、日本企業のほうは意外に冷静なようである。ここ3年、中国への入国が極端に制限されていたので、これまでの対応をつづけるだけという。
 また、春節で中国人観光客が多数訪れることを期待していた観光業界には打撃という話もある。しかし、そう単純でもないようだ。夜の経済ニュースなどによれば、ホテルや旅館、お土産物屋さんやレストランなどが、中国人観光客を受け入れるためには、通訳が必要である。ところが、たくさんいた日本語の話せる中国人スタッフが、コロナで中国に帰ってしまったという。そして、現時点では、通訳の補充ができておらず、現実問題として、多数の中国人観光客の受け入れはむずかしいのだそうだ。
 さて、今週は中山でG卦成杯、中京でG尭経新春杯とG薫γ稜佞おこなわれる。この3つの重賞で、最もグレードが高いのは日経新春杯である。
 日経新春杯は、1月半ばにおこなわれるハンデのG鏡錙時期的にも、またハンデ戦という点からも、春のG気料鮎ダ錣箸蝋佑┐砲い。現実に、日経新春杯の好走馬から、その春のG気燃萍した例は少ない。過去10年では、2019年1着グローリーヴェイズが天皇賞(春)で2着になったぐらい。
ただ、2020年1着モズベッロは、2021年大阪杯で2着、2017年1着ミッキーロケットは、2018年宝塚記念で1着。2016年2着シュヴァルグランは、20017年に天皇賞(春)2着、ジャパンカップ優勝がある。“年を跨いでG気燃萍”のケースはいくつかある。
 今年のG気膨招襪垢襪噺世て颪て経新春杯。その過去10年の優勝馬の“前走”を見ると、2018年1着パフォーマプロミスは3勝クラス1着、2020年1着モズベッロは3勝クラス4着、2021年1着ショウリュウイクゾは3勝クラス8着だった。また、2013年1着カポーティースターなどは2勝クラス1着で、3着クラスすら経験がなかった。昇級馬も含むが、いわゆる“格上挑戦組”の好走が目に付く。
 さらに、過去10年の2着馬の前走も同じ様なもので、3勝クラスが4頭、2勝クラス1着が1頭だった。先に、後にG気燃萍した4頭をあげたが、そのうちシュヴァルグランとモズベッロはいずれも前走は3勝クラスだったのだ。グレードレースなどで実績のある馬には、重いハンデが課せられる。一方、前走が2勝クラスや3勝クラスならハンデは軽くなる。それが格上挑戦組の好走につながっているのだろう。
 とはいえ、もちろん実績馬の活躍もある。
 その中で目に付くのは、菊花賞あるいは有馬記念で5着以内だった馬である。2014年1着サトノノブレス(ハンデ55キロ)は菊花賞の2着馬。2017年1着ミッキーロケット(ハンデ55キロ)は菊花賞の5着馬。2019年1着グローリーヴェイズ(ハンデ55キロ)も菊花賞5着馬。そしても2022年2着ステラヴェローチェ(ハンデ57キロ)は、菊花賞4着馬であり有馬記念4着馬だった。
 気づくのは、どの馬も明け4歳になったばかりということだ。それが、ハンデ面で多少恵まれた理由なのだろう。ただ、ステラヴェローチェだけは、菊花賞4着に加え、有馬記念でも4着だったために、ハンデ57キロになった。
 今回、菊花賞あるいは有馬記念で5着以内はいないが、よく見ると昨秋のG汽献礇僖鵐ップ3着のヴェルトライゼンデがいる。しかし課題があり、ハンデ59キロなのだ。もちろん、今回のメンバーではハンデ頭になる。
 過去10年、ハンデ頭で1着になった馬はいない。ハンデ頭で2着は2014年2着アドマイヤフライト(ハンデ56キロ)、2022年2着ステラヴェローチェ(ハンデ57キロ)の2例だけである。さらにハンデ頭で3着は2016年3着サトノノブレス(58キロ)の1例のみ。
 ハンデ頭、それもハンデ59キロのヴェルトライゼンデには悲観的な話である。ところが、さらに過去に遡れば、2001年1着ステイゴールドはハンデ58.5キロ、1999年1着メジロブライトはハンデ59.5キロという例があった。

予想オッズ 日経新春杯
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.ヤマニンセ゛スト     牡4 55    6.2
 2.ウ゛エルトライセ゛ンテ゛ 牡6 59    3.0
 3.ロハ゛−トソンキ−    牡6 57    4.6
 4.ハヤヤツコ        牡7 58.5 29.2
 5.モス゛ナカ゛レホ゛シ   牡6 55     * 
 6.タ゛ンテ゛イス゛ム    牡7 55   29.4
 7.フ゜ライト゛ラント゛   牡7 54   59.2
 8.ウ゛エロ−ナシチ−    牡4 54    9.5
 9.フ゜リマウ゛イスタ    牡6 54   23.1
10.キンク゛オフ゛ト゛ラコ゛ 牡6 55   25.8
11.イクスフ゜ロ−シ゛ヨン  牡5 57   51.1
12.フ゜ラタ゛リア      牡4 56    5.3
13.アフリカンコ゛−ルト゛  牡8 58     * 
14.サンレイホ゜ケツト    牡8 58   19.0

3連単オッズ(上位36組)
 1− 2− 3  79   3− 1− 2  85
 1− 2−12  92   3− 1−12 146
 1− 3− 2  89   3− 2− 1  70
 1− 3−12 154   3− 2− 8 104
 1−12− 2 107   3− 2−12  59
 1−12− 3 159   3− 8− 2 134
 2− 1− 3  68   3−12− 1 142
 2− 1− 8 138   3−12− 2  70
 2− 1−12  78   8− 2− 3 132
 2− 3− 1  63   8− 2−12 153
 2− 3− 8  94   8− 3− 2 148
 2− 3−12  54  12− 1− 2 104
 2− 8− 1 147  12− 1− 3 155
 2− 8− 3 108  12− 2− 1  86
 2− 8−12 125  12− 2− 3  63
 2−12− 1  76  12− 2− 8 129
 2−12− 3  56  12− 3− 1 146
 2−12− 8 113  12− 3− 2  72

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2  10  29  15   5− 6  *   *   * 
 1− 3  15  36  27   5− 7  *   *   * 
 1− 4  91 114 463   5− 8 378  *  430
 1− 5 246 269  *    5− 9 854  *   * 
 1− 6  90 112 448   5−10 975  *   * 
 1− 7 157 180  *    5−11  *   *   * 
 1− 8  33  55  82   5−12 207  *  223
 1− 9  74  96 318   5−13  *   *   * 
 1−10  84 107 402   5−14 742  *  938
 1−11 149 171  *    6− 7 662  *   * 
 1−12  18  39  33   6− 8 138 504 189
 1−13 237 259  *    6− 9 311 687 568
 1−14  64  86 249   6−10 355 732 689
 2− 3   7  12  17   6−11 627  *   * 
 2− 4  41  46 383   6−12  76 429  92
 2− 5 112 117  *    6−13 996  *   * 
 2− 6  41  46 370   6−14 270 645 464
 2− 7  71  76  *    7− 8 241  *  293
 2− 8  15  20  60   7− 9 546  *  804
 2− 9  34  39 258   7−10 623  *  959
 2−10  38  43 330   7−11  *   *   * 
 2−11  68  73 969   7−12 132  *  149
 2−12   8  13  22   7−13  *   *   * 
 2−13 107 112  *    7−14 474  *  669
 2−14  29  34 199   8− 9 113 165 363
 3− 4  65  77 427   8−10 129 181 454
 3− 5 176 188  *    8−11 228 280  * 
 3− 6  64  76 413   8−12  28  76  43
 3− 7 112 124  *    8−13 363 415  * 
 3− 8  23  35  71   8−14  98 150 287
 3− 9  53  65 290   9−10 292 549 625
 3−10  60  72 369   9−11 516 775  * 
 3−11 106 118  *    9−12  62 303  78
 3−12  13  24  28   9−13 821  *   * 
 3−13 169 181  *    9−14 222 478 416
 3−14  46  58 225  10−11 589 926  * 
 4− 5  *   *   *   10−12  71 384  87
 4− 6 384 775 761  10−13 937  *   * 
 4− 7 674  *   *   10−14 254 586 448
 4− 8 140 520 191  11−12 125  *  141
 4− 9 317 706 574  11−13  *   *   * 
 4−10 361 752 696  11−14 448  *  644
 4−11 638  *   *   12−13 199 215  * 
 4−12  77 444  93  12−14  54  70 236
 4−13  *   *   *   13−14 713  *  909
 4−14 275 663 469
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)