NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
朝日杯フューチュリティステークス
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 朝日杯フューチュリティステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


日本の産業にとって、うれしいニュースが飛び込んできた。半導体立国・日本、復活の“のろし”が上がった。12月13日、夜の経済ニュースを見ていて驚いた。日本の半導体企業であるRapidus(ラピダス)株式会社が、アメリカのIBMと共同開発パートナーシップを締結したとの報道があった。
ラピダス株式会社は、今年の8月10日に、トヨタ自動車など民間8社に加え、経済産業省の支援を受けて設立された新企業だという。思い起こせば1980年代、日本は世界の半導体の50%を超えるシェアーをもっていた。ところが、日本のシェアーの高さに危機感を抱いたアメリカが、日米半導体協定の締結を迫り、それによってシェアーは一気に急落、壊滅的な状態に陥った。その後幾度か、復活を目論んだが失敗して今日に至る。それを、いまあらためて“官民一体”で巻き返そうというわけである。
いまの日本の半導体技術は“20年遅れ”だとも言われているようだ。問題は「いまさら、どうやって半導体の最先端技術を取り戻すか…?」にあったが、世界の最先端技術をもつアメリカのIBMが、その最先端技術を日本企業に提供してくれる運びになったという。まさに驚天動地の出来事である。
先の経済ニュースから察するところ、これはアメリカのバイテン大統領と岸田総理との度重なる会談がきっかけになっているようだ。12月13日前後に、ラピダス株式会社の社長が、経済ニュースのインタビューに答え、官民一体が強みであり、さらに今回の日本の巻き返しには自信がある旨の発言をしていたことからも想像できる。
 岸田政権になってから、日本の産業再生に向かって急加速化している。その具体的な舵取り役を担うのは経済産業省だろうが、バブル崩壊以降ここ30年、華々しい活躍の場を失っていた。半導体の復活は、まさに“通産省”の復活の契機であり、この機を逃さず経済産業省には、本当にがんばって欲しい。いま時代は大きく動こうとしている。
 さて、話題は競馬に移るが、JRAにもうれしいニュースがある。来年3月25日から、“ネットライブ配信”のテストが始まるらしい。
 馬券をネットで売っているのに、「レース実況はテレビだけ…」というのは、通信スピードに課題のあったひと昔前ならいざ知らず、いまでは“天然記念物”的な発想である。このネット配信に限らず、JRAには世の中のスピードにあわせたサービス提供を心がけていただきたいところである。
それに、いまの若者は、テレビを見ない、いやテレビを持たないそうで、若者に競馬をアピールするためには、ネットがらみの環境整備は不可欠である。この際、ついでにユーチューブの活用も検討されてはいかがだろうか。
 とまあ、ネット配信の件はここまでにして、今週のG議日杯フューチュリティステークスの検討に入る。
 先週のG戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズでは、前走の新馬戦で1着のシンリョクカが2着に入り、いささか驚かされた。シンリョクカは単勝12番人気、オッズ53.9倍で、多くのファンにとっても想定外だったことだろう。過去10年、新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの馬だが、2012年の3着が1度あったきりで、それ以外で1着〜3着になったことはなかったのだ。
 前走の新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの馬の活躍という点では、今週の朝日杯フューチュリティステークスは“意外”なレースではない。2015年には新馬戦を勝ったばかりのリオンディーズが優勝。また、2019年3着グランレイ、そして2020年1着グレナディアガーズは未勝利を勝ったばかりだった。過去10年に、新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの優勝馬が2頭もいるのは、驚きというより、予想する上ではちょっとつらい。馬券の対象が広がって、絞り込みにくくなる。
 また、前走の新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの1勝馬ではないが、2018年2着クリノガウディーのような例もある。クリノガウディーは、2走前に新馬戦を勝ち、前走はG慧豕スポーツ杯2歳ステークスに挑戦も7着に敗れた。この戦歴のためにか、朝日杯フューチュリティステークスでは単勝9番人気だった。こういうタイプまで馬券の対象となりうるのが、朝日杯ジュベナイルフィリーズなのかもしれない。
 ところで、いまあげたリオンディーズ、クリノガウディー、グレナディアガーズの3頭を除けば、朝日杯フューチュリティステークスで1着あるいは2着になった馬は、2勝(以上)の馬ばかりである。つまり差し引きすれば、2勝(以上)の馬が1着と2着を占めたのは、過去10年のうち7年ということになる。

予想オッズ 朝日杯フューチュリティステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.キヨウエイフ゛リツサ   牡2 55     * 
 2.ト゛ルチエモア      牡2 55    4.4
 3.オ−ルハ゜ルフエ     牡2 55    8.2
 4.ト゛ンテ゛ンカ゛エシ   牡2 55     * 
 5.ハ゛ク゛ラタ゛ス     牡2 55   25.9
 6.ミシエラト゛ラ−タ    牡2 55     * 
 7.オオハ゛ンフ゛ルマイ   牡2 55   13.7
 8.ク゛ラニツト       牡2 55     * 
 9.ニシノヘ゛ストワン    牡2 55   15.3
10.ウメムスヒ゛       牡2 55     * 
11.テイニア         牡2 55   10.8
12.タ゛ノンタツチタ゛ウン  牡2 55    3.3
13.スス゛カタ゛フ゛ル    牡2 55     * 
14.レイヘ゛リンク゛     牡2 55    6.0
15.フロムタ゛スク      牡2 55     * 
16.コ−ハ゜スクリステイ   牡2 55   17.7
17.エンフアサイス゛     牡2 55   22.3

3連単オッズ(上位36組)
 2− 3−12 115  12− 2− 9 153
 2− 7−12 195  12− 2−11 111
 2−11−12 152  12− 2−14  63
 2−12− 3  93  12− 2−16 180
 2−12− 7 150  12− 3− 2  99
 2−12− 9 165  12− 3−14 135
 2−12−11 119  12− 7− 2 168
 2−12−14  68  12− 9− 2 185
 2−12−16 193  12−11− 2 130
 2−14−12  80  12−11−14 177
 3− 2−12 127  12−14− 2  68
 3−12− 2 117  12−14− 3 128
 3−12−14 159  12−14−11 163
 3−14−12 184  14− 2−12  84
11− 2−12 170  14− 3−12 177
11−12− 2 157  14−12− 2  77
12− 2− 3  87  14−12− 3 145
12− 2− 7 140  14−12−11 185

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 193  *  203   5−16 247 596 422
 1− 3 381  *  421   5−17 301 652 560
 1− 4  *   *   *    6− 7 621  *  727
 1− 5  *   *   *    6− 8  *   *   * 
 1− 6  *   *   *    6− 9 683  *  811
 1− 7 627  *  733   6−10  *   *   * 
 1− 8  *   *   *    6−11 488  *  554
 1− 9 690  *  817   6−12 138  *  144
 1−10  *   *   *    6−13  *   *   * 
 1−11 493  *  559   6−14 268  *  289
 1−12 139  *  145   6−15  *   *   * 
 1−13  *   *   *    6−16 805  *  983
 1−14 271  *  291   6−17 981  *   * 
 1−15  *   *   *    7− 8 556 662  * 
 1−16 813  *  990   7− 9 114 218 238
 1−17 991  *   *    7−10 624 730  * 
 2− 3  19  30  56   7−11  81 184 146
 2− 4 182 192  *    7−12  23 116  29
 2− 5  59  69 382   7−13 638 744  * 
 2− 6 191 201  *    7−14  45 144  65
 2− 7  32  42 128   7−15 708 814  * 
 2− 8 171 181  *    7−16 134 238 307
 2− 9  35  46 151   7−17 163 268 419
 2−10 191 202  *    8− 9 611  *  739
 2−11  25  35  85   8−10  *   *   * 
 2−12   7  17  13   8−11 437  *  503
 2−13 196 207  *    8−12 123  *  129
 2−14  14  24  33   8−13  *   *   * 
 2−15 217 228  *    8−14 240  *  260
 2−16  41  52 202   8−15  *   *   * 
 2−17  50  61 288   8−16 721  *  898
 3− 4 359 399  *    8−17 878  *   * 
 3− 5 116 155 456   9−10 686 814  * 
 3− 6 377 417  *    9−11  89 213 154
 3− 7  63 102 164   9−12  25 137  31
 3− 8 338 378  *    9−13 702 829  * 
 3− 9  69 108 191   9−14  49 169  69
 3−10 379 419  *    9−15 778 906  * 
 3−11  50  88 113   9−16 148 273 321
 3−12  14  49  20   9−17 180 306 436
 3−13 388 428  *   10−11 490  *  556
 3−14  27  65  47  10−12 138  *  144
 3−15 430 470  *   10−13  *   *   * 
 3−16  82 121 251  10−14 269  *  290
 3−17  99 139 350  10−15  *   *   * 
 4− 5  *   *   *   10−16 809  *  986
 4− 6  *   *   *   10−17 985  *   * 
 4− 7 592  *  698  11−12  18  76  24
 4− 8  *   *   *   11−13 502 568  * 
 4− 9 651  *  778  11−14  35  97  55
 4−10  *   *   *   11−15 556 622  * 
 4−11 465  *  531  11−16 106 170 277
 4−12 131  *  137  11−17 128 194 382
 4−13  *   *   *   12−13 141 147  * 
 4−14 255  *  276  12−14  10  16  28
 4−15  *   *   *   12−15 157 163  * 
 4−16 767  *  944  12−16  30  36 185
 4−17 935  *   *   12−17  36  42 265
 5− 6  *   *   *   13−14 275  *  296
 5− 7 191 537 296  13−15  *   *   * 
 5− 8  *   *   *   13−16 827  *   * 
 5− 9 210 557 336  13−17  *   *   * 
 5−10  *   *   *   14−15 305 326  * 
 5−11 150 494 215  14−16  58  78 224
 5−12  42 353  48  14−17  71  91 316
 5−13  *   *   *   15−16 918  *   * 
 5−14  82 415 103  15−17  *   *   * 
 5−15  *   *   *   16−17 212 387 469
プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)