NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
フェブラリーステークス。
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ フェブラリーステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 今年に入って、オミクロン株(新型コロナウイルス)の感染者数は激増したが、最近は落ち着きを見せつつあるように見える。「ピークアウトした…」という意見も出るほどに、感染者数の増加は見られなくなってきた。とはいえ、まだまだ感染者数は多い。
 感染者数は多いが重症者数は少ない。それがオミクロン株の“見立て”だ。確かに1万人当たりの重症者数は、たとえばデルタ株などよりは少ないようだ。ただ、感染者数がデルタ株などに比べてとても多いので、結果、重症者数は多くなり、死者数も増える。1日あたりの新型コロナウイルスの死者数は先週、ついに“過去、最高”を記録してしまった。
 この状況に、これまでずっとテレビに出演してきた感染症医たちは、「たいへんな事態です…」と言うのかと思っていたが、そうでもない。ある番組の中で紹介されたことだが、現時点で、重症者数のおよそ7割は60歳以上の人たちで、死者数の9割が60歳以上だそうだ。しかも、その60歳以上では、より高齢の人たちの死者が多いという。
 さらに興味深かったことがある。これまで驚異だったのは、新型コロナウイルスによって引き起こされる“肺炎”だった。ところが、最近の高齢者の重症者や死者に多く見られるのが、“誤嚥性肺炎”あるいは“細菌性の肺炎”だという。番組内でも言っていたが、これら肺炎は、新型コロナ騒動以前から高齢者の多くが罹っていたものである。
 新型コロナ騒動をさらに鎮静化させるには、兎にも角にも必要なのが“経口薬・飲み薬”だろう。先日、ファイザー製の経口薬が日本で緊急承認されたようだが、時を同じくしてファイザーは中国と経口薬の供給契約を締結したらしい。今後、日本への経口薬の供給が滞る可能性も出てきた。
何かと批判される厚生労働省だが、いまは“好感度”を挙げるチャンスである。国産の飲み薬をすみやかに供給できるよう尽力すればいいだけなのだ。ある番組で小池都知事が言っていた。「(経口薬の供給などは)国家の安全保障なのだ…」と。まさにそのとおり。ではなかろうか。
 さて、今週はダートG機▲侫Д屮薀蝓璽好董璽スである。
 まだ春のG祇鐇の始まりまで、1ヶ月ほどの時間があるとはいえ、ここから一気に時計は進んでいく。
 今年で39回目というフェブラリーステークスだが、G気望些覆靴燭里錬隠坑坑掲のことである。つまりダートG気箸靴討錬横飢鵑曚匹箸覆襪、ざっと見たところ、2年連続すなわち“連覇”、あるいは連続ではなくても2回優勝というのは、2014年と2015年を連覇したコパノリッキーしかいない。
 名前をあげたら切りがないほど、ダートの名馬が優勝しているのがフェブラリーステークスである。たとえば、アグネスデジタル、メイショウボーラー、カネヒキリ、ヴァーミリアン、トランセンド、ゴールドドリームなども2度、3度とフェブラリーステークスに挑戦したが、優勝したのはたったの1回だけだった。今年、本命視されそうなのが昨年の覇者カフェファラオだが、連覇という高いハードルに挑戦することになる。
 それはさておき、過去10年のフェブラリーステークスでは、どんなタイプの馬の活躍が多いのだろうか。
 すぐに目に付くのが、G凝豎ぅ好董璽スとG刑岸ステークスの勝ち馬が活躍である。2013年1着グレープブランデー、2015年1着コパノリッキー、2019年1着インティは、東海ステークスの優勝馬。2012年2着シルクフォーチュン、2016年1着モーニン、2018年1着ノンコノユメ、2020年1着モズアスコットは根岸ステークスの勝ち馬だった。
今年の東海ステークスの1着はスワーヴアラミス、根岸ステークスの1着はテイエムサウスダンだった。当然、注目されるのだろうが、ただ、両馬には気になる点もある。というのは、過去10年のフェブラリーステークスの活躍馬は、東海ステークスあるいは根岸ステークスで、単勝4番人気以内で1着になった馬がほとんどである。唯一の例外は2018年根岸ステークスで単勝6番人気のノンコノユメである。ちなみに、スワーヴアラミスは単勝7番人気での勝利、テイエムサウスダンは単勝5番人気での勝利で、両馬にとっては嫌なデータが残っている。
 注目馬たちには、いろいろと難点がある。「混戦…!?」を思わせる今年のフェブラリーステークスだが、さらに混乱を招くのが、白毛のソダシの参加である。ソダシは昨年暮れのダートのG汽船礇鵐團ンズカップにも出走した。同レースでは、桜花賞馬であることに加え、かつてダート王といわれたクロフネの産駒であることも評価された。それで単勝2番人気に推されたが、直線ずるずると後退して12着に敗れた。ただ、ソダシのダートでの敗戦はこれ1回だけなので、「まだ見限れない…」という意見は多いだろう。
そういえば、フェブラリーステークスで連覇したコパノリッキーは、2014年の優勝は16頭立ての16番人気でのものだった。2014年に“最低人気”で大金星をあげたコパノリッキーだけが、フェブラリーステークスを連覇しているというのだから、本当に競馬はわからない。

予想オッズ フェブリーステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.テオレ−マ        牝6 55   19.5
 2.タ゛イワキヤク゛ニ−   牡8 57     * 
 3.インテイ         牡8 57   19.9
 4.アルクトス        牡7 57    7.1
 5.レツト゛ルセ゛ル     牡6 57    3.2
 6.カフエフアラオ      牡5 57    4.0
 7.タイムフライヤ−     牡7 57   59.9
 8.サンライス゛ノウ゛ア   牡8 57   95.6
 9.サンライス゛ホ−フ゜   牡5 57   58.4
10.スワ−ウ゛アラミス    牡7 57   13.4
11.ソタ゛シ         牝4 55    6.9
12.ミユ−チヤリ−      牡6 57   56.4
13.ソリストサンタ゛−    牡7 57   15.4
14.ケイテイフ゛レイフ゛   牡9 57     * 
15.テイエムサウスタ゛ン   牡5 57   22.6
16.エアスヒ゜ネル      牡9 57   22.4

3連単オッズ(上位36組)
 4− 5− 6  87   6− 4− 5  85
 4− 5−11 147   6− 4−11 179
 4− 6− 5  94   6− 5− 1 180
 4−11− 5 175   6− 5− 3 181
 5− 4− 6  75   6− 5− 4  69
 5− 4−11 126   6− 5−10 126
 5− 6− 1 169   6− 5−11  66
 5− 6− 3 171   6− 5−13 144
 5− 6− 4  65   6−10− 5 166
 5− 6−10 119   6−11− 4 178
 5− 6−11  62   6−11− 5  81
 5− 6−13 135   6−13− 5 191
 5− 6−15 189  10− 5− 6 180
 5− 6−16 188  10− 6− 5 193
 5−10− 6 146  11− 4− 5 174
 5−11− 4 125  11− 5− 4 145
 5−11− 6  71  11− 5− 6  82
 5−13− 6 168  11− 6− 5  88

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 855  *   *    5−12  82  87  * 
 1− 3 207 413 415   5−13  25  31 140
 1− 4  76 274 105   5−14 136 142  * 
 1− 5  32 214  37   5−15  35  41 262
 1− 6  41 229  50   5−16  35  41 259
 1− 7 534 742  *    6− 7 106 115  * 
 1− 8 740 949  *    6− 8 147 156  * 
 1− 9 534 742  *    6− 9 106 115  * 
 1−10 142 346 242   6−10  28  37 120
 1−11  72 270  99   6−11  15  23  39
 1−12 530 738  *    6−12 106 115  * 
 1−13 163 367 293   6−13  33  41 151
 1−14 886  *   *    6−14 176 185  * 
 1−15 230 436 486   6−15  46  55 280
 1−16 228 434 481   6−16  46  54 277
 2− 3 861  *   *    7− 8  *   *   * 
 2− 4 316  *  346   7− 9  *   *   * 
 2− 5 131  *  137   7−10 370  *  471
 2− 6 170  *  179   7−11 188  *  215
 2− 7  *   *   *    7−12  *   *   * 
 2− 8  *   *   *    7−13 423  *  554
 2− 9  *   *   *    7−14  *   *   * 
 2−10 592  *  693   7−15 597  *  856
 2−11 301  *  328   7−16 593  *  850
 2−12  *   *   *    8− 9  *   *   * 
 2−13 677  *  809   8−10 513  *  614
 2−14  *   *   *    8−11 261  *  288
 2−15 955  *   *    8−12  *   *   * 
 2−16 950  *   *    8−13 586  *  718
 3− 4  77 278 106   8−14  *   *   * 
 3− 5  32 216  37   8−15 827  *   * 
 3− 6  41 232  50   8−16 822  *   * 
 3− 7 538 749  *    9−10 370  *  471
 3− 8 745 957  *    9−11 188  *  215
 3− 9 538 749  *    9−12  *   *   * 
 3−10 143 350 243   9−13 423  *  554
 3−11  73 273 100   9−14  *   *   * 
 3−12 534 745  *    9−15 597  *  856
 3−13 164 371 294   9−16 594  *  850
 3−14 892  *   *   10−11  50 146  77
 3−15 231 440 487  10−12 367 468  * 
 3−16 230 439 483  10−13 113 212 241
 4− 5  12  38  17  10−14 613 715  * 
 4− 6  15  42  24  10−15 159 259 413
 4− 7 197 227  *   10−16 158 258 409
 4− 8 274 303  *   11−12 187 214  * 
 4− 9 198 227  *   11−13  57  84 182
 4−10  53  82 149  11−14 312 339  * 
 4−11  27  55  53  11−15  81 108 327
 4−12 196 226  *   11−16  81 107 324
 4−13  60  89 185  12−13 420  *  551
 4−14 328 357  *   12−14  *   *   * 
 4−15  85 114 332  12−15 593  *  852
 4−16  85 114 329  12−16 589  *  846
 5− 6   6  12  14  13−14 702 833  * 
 5− 7  82  88  *   13−15 182 312 436
 5− 8 114 119  *   13−16 181 311 433
 5− 9  82  88  *   14−15 990  *   * 
 5−10  22  27 110  14−16 984  *   * 
 5−11  11  17  35  15−16 255 512 509

プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)