NAVIKEIBA
競馬交差点一覧
根岸ステークス
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 根岸ステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 1月24日、先週の月曜日。前の週からのつづきで、小池都知事と政府分科会の尾身会長の言っていることが違うと、朝から情報番組などで延々とやっていた。同じ事の繰り返しを聞きながら、わかったことが2つあった。
1つめは、小池都知事は、まん延防止措置の“基本的対処方針”の中身そのままを言ったに過ぎないということ。2つめは、その基本的対処方針の中身については。尾身会長が責任を負う立場にあることである。基本的対処方針等諮問委員会の“長”は、有識者会議・政府分科会の会長が兼任することになっているらしい。
この同じことの繰り返しは、国会の予算委員会などでもやっていたようで、夜10時の民放のニュース番組でも、その様子を報じていた。しかし、しばらくして様相は一変した。オミクロン株の“亜種”が勢力を拡大していると報じ始めたのだ。
東京大学の医科学研究所の佐藤准教授によれば、昨年の12月に日本の空港検疫で確認されており、日本では1月19日時点で、オミクロン株の亜種が、オミクロン株の全体の11%を占めるに至っているという。
オミクロン株の従来株は“BA.1”といい、亜種は“BA.2”というそうだ。亜種の感染力は、感染力が従来株の2倍あるという。北欧のデンマークでは、すでに亜種“BA.2”の感染者数が、従来種“BA.1”の感染者数を凌駕したらしい。さらにいえば、現時点ではオミクロン株の“亜種”といっているが、遺伝情報は、異なっているところも多く、「亜種ではなく、新しい株というべき…」などと佐藤准教授は述べていた。ただ、ウイルスの名前はWHOが決めることになっている。
こんな重大なことわかっていたのに、テレビや国会では朝から晩まで「小池さんと、尾身さん、どっち…?」なんて繰り返していたのである。ちなみに、オミクロン株の亜種が報じられた翌日の1月25日火曜日、なぜかオミクロン株の亜種の話を、周りの人々はほとんど知っていた。これはちょっとした驚きだった。
 さて、今週は根岸ステークスである。
 根岸ステークスはG靴世、2月末におこなわれるG汽侫Д屮薀蝓璽好董璽スの優先出走権レースである。
 根岸ステークスが、フェブラリーステークスの優先出走権レースになったのは2014年からである。優先出走権レースといえば、桜花賞や皐月賞など3歳クラシックのトライアルレースがすぐ頭に浮かぶ。以前は、古馬のG気砲詫ダ莉仭権レースなどなかったが、2014年ごろから、古馬のG気陵ダ莉仭権レース、すなわち当該レースで1着になった馬に、指定されたG気悗陵ダ莉仭権が与えられるレースが一気に増えた。
 それに伴い、多くの優先出走権レースには変化が起きた。優先出走権レースで好走した馬が、指定のG気燃萍するケースが多くなったのである。根岸ステークスも同様である。もちろん、2014年以前にも、根岸ステークスの好走馬がG汽侫Д屮薀蝓璽好董璽スで活躍したことはあった。たとえば、2005年メイショウボーラー、2012年シルクフォーチュンなどである。
 しかし、根岸ステークスが優先出走権レースになって3年目の2016年以降は、毎年のように根岸ステークスの好走馬から、フェブラリーステークスの活躍馬が誕生している。根岸ステークスの2016年1着モーニン、2018年1着ノンコノユメ、2020年1着モズアスコットは、次走、フェブラリーステークスで優勝を飾った。また2017年2着ベストウォーリアは、次走、フェブラリーステークスで2着になった。
 もはやフェブラリーステークスに直結すると言っても過言ではない根岸ステークスであるが、そのことと関係があるのか、根岸テークスの好走馬の前走も結構、限定されてきている。2016年以降では、根岸ステークスの優勝馬3頭は“前走がJRAのG機鼻△泙人ゾ’錬夏は“前走がG轡ペラステークス”だった。そして残る1頭は“前走が武蔵野ステークス(昨年11月開催)”だった。
 今年の根岸ステークスの24頭をざっと眺めてみると、前走がJRAのG気箸いη呂呂い覆ぁまた前走がカペラステークスはミッキーワイルドだが、カペラステークスでは11着で、さらにいえば2020年の欅ステークス(オープン特別)の2着以来、1着あるいは2着になったことがない。
 となると、前走が武蔵野ステークス、それも同レースで1着のソリストサンダーが際立つことになるが、どうやらそのソリストサンダーが今年の根岸ステークスの本命と目されているようだ。いずれにせよ、今年の登録メンバーには、“これぞ”という馬がいないようである。

予想オッズ 根岸ステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.オ−ロラテソ−ロ     牡5 56     * 
 2.レヒ゜ア−ウイツト    牡7 57     * 
 3.モシ゛アナフレイハ゛−  牡7 56   22.1
 4.スリ−ク゛ラント゛    牡5 56   10.8
 5.オメカ゛レインホ゛−   牡6 56    3.3
 6.シ゛ヤステイン      牡6 57   52.5
 7.ヘリオス         牡6 56   11.1
 8.タカ゛ノヒ゛ユ−テイ−  牡5 56    5.0
 9.ソリストサンタ゛−    牡7 57    3.5
10.リアンウ゛エリテ     牡8 56     * 
11.テイエムサウスタ゛ン   牡5 57   19.2
12.タイムフライヤ−     牡7 56   19.3
13.サクセスエナシ゛−    牡8 58     * 
14.トツフ゜ウイナ−     牡6 56     * 
15.シ゛ヤスハ゜−フ゜リンス 牡7 56   60.3
16.エアアルマス       牡7 57   14.5

3連単オッズ(上位36組)
 4− 5− 9 138   8− 5− 4 156
 4− 9− 5 140   8− 5− 7 159
 5− 4− 8 160   8− 5− 9  53
 5− 4− 9 115   8− 9− 4 170
 5− 7− 8 164   8− 9− 5  54
 5− 7− 9 117   8− 9− 7 174
 5− 8− 4 142   9− 4− 5 119
 5− 8− 7 145   9− 5− 4  93
 5− 8− 9  48   9− 5− 7  95
 5− 9− 4  91   9− 5− 8  44
 5− 9− 7  94   9− 5−11 153
 5− 9− 8  43   9− 5−12 154
 5− 9−11 150   9− 5−16 122
 5− 9−12 152   9− 7− 5 122
 5− 9−16 120   9− 8− 4 158
 5−16− 9 154   9− 8− 5  50
 7− 5− 9 141   9− 8− 7 161
 7− 9− 5 144   9−16− 5 160

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2  *   *   *    5−12  32  38 200
 1− 3  *   *   *    5−13 140 146  * 
 1− 4 527  *  596   5−14 129 136  * 
 1− 5 151  *  157   5−15  80  86  * 
 1− 6  *   *   *    5−16  25  31 130
 1− 7 540  *  611   6− 7 285  *  356
 1− 8 237  *  252   6− 8 125  *  140
 1− 9 162  *  170   6− 9  86  *   93
 1−10  *   *   *    6−10  *   *   * 
 1−11 878  *   *    6−11 463  *  649
 1−12 888  *   *    6−12 469  *  660
 1−13  *   *   *    6−13  *   *   * 
 1−14  *   *   *    6−14  *   *   * 
 1−15  *   *   *    6−15  *   *   * 
 1−16 698  *  817   6−16 368  *  487
 2− 3 905  *   *    7− 8  31  97  45
 2− 4 460  *  529   7− 9  21  85  28
 2− 5 132  *  138   7−10 541 613  * 
 2− 6  *   *   *    7−11 113 184 294
 2− 7 471  *  543   7−12 115 185 300
 2− 8 207  *  221   7−13 501 573  * 
 2− 9 142  *  149   7−14 463 535  * 
 2−10  *   *   *    7−15 287 358  * 
 2−11 766  *  953   7−16  90 160 205
 2−12 776  *  967   8− 9   9  22  16
 2−13  *   *   *    8−10 237 252  * 
 2−14  *   *   *    8−11  50  64 222
 2−15  *   *   *    8−12  50  65 227
 2−16 609  *  728   8−13 220 234  * 
 3− 4 130 382 198   8−14 203 218  * 
 3− 5  37 265  44   8−15 126 140  * 
 3− 6 547 805  *    8−16  40  54 150
 3− 7 134 385 204   9−10 163 170  * 
 3− 8  59 298  73   9−11  34  41 200
 3− 9  40 271  47   9−12  35  42 204
 3−10  *   *   *    9−13 151 158  * 
 3−11 217 472 401   9−14 139 146  * 
 3−12 220 475 409   9−15  86  93  * 
 3−13 961  *   *    9−16  27  34 133
 3−14 888  *   *   10−11 879  *   * 
 3−15 550 809  *   10−12 890  *   * 
 3−16 173 426 290  10−13  *   *   * 
 4− 5  19  79  25  10−14  *   *   * 
 4− 6 278 347  *   10−15  *   *   * 
 4− 7  68 134 138  10−16 699  *  818
 4− 8  30  93  44  11−12 186 370 374
 4− 9  21  81  27  11−13 814  *   * 
 4−10 528 597  *   11−14 753 939  * 
 4−11 111 178 292  11−15 466 652  * 
 4−12 112 179 297  11−16 146 329 263
 4−13 489 558  *   12−13 824  *   * 
 4−14 452 521  *   12−14 762 953  * 
 4−15 280 348  *   12−15 472 662  * 
 4−16  88 155 203  12−16 148 335 265
 5− 6  80  86  *   13−14  *   *   * 
 5− 7  20  26  83  13−15  *   *   * 
 5− 8   9  14  22  13−16 648  *  767
 5− 9   6  12  12  14−15  *   *   * 
 5−10 151 157  *   14−16 599  *  717
 5−11  32  38 196  15−16 371  *  489

プリンタ出力用画面 友達に伝える


ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)