NAVIKEIBA
Amaxoop2 カテゴリ
KEIBA (2)
アクセスカウンタ
今日 : 3333
昨日 : 116116116
総計 : 527864527864527864527864527864527864
競馬交差点一覧
競馬交差点
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 中京記念

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 少し前になるが、6月30日(日)に芝の増上寺で、安倍元総理の“三回忌”の法要が営まれたとニュースになった。2022年7月8日に、奈良市で参議院選挙の応援演説中に銃撃を受けた。安倍元総理が亡くなってから2年が経つ。
 かつて「G7でトランプ大統領と仲がいいのは安倍総理だけ…」と言われたが、2人の親密さはよくニュースになったものだった。そのトランプ氏が、日本時間の7月14日(日)、大統領候補としてペンシルベニア州で開催の演説集会中に銃撃された。増上寺での安倍元総理の三回忌の法要から“ちょうど2週目の日曜日”というのが、何か“因縁めいたもの”を感じる。
 安倍元総理とトランプ氏の銃撃事件には、対照的な部分がある。銃の所持が原則として禁じられている日本で、改造銃により安倍元総理は狙撃され“落命”したが、狙撃犯は“確保”されて今は裁判中である。一方、憲法で銃の所持が保証されているアメリカで、狙撃されたトランプ氏は幸いにも耳にかすり傷を負う程度で命を落とすことはなかったが、狙撃犯はその場で“スナイパー”によって問答無用とばかりに射殺された。
 いずれの狙撃犯も、弁解の余地はなく、その行為は決して許されるものではない。しかし、銃の所持が許されない国(日本)では狙撃犯が生き延びることを許され、銃の所持が許される国(アメリカ)では狙撃犯は生き延びることを許さないという対照的な結果になったのである。
 銃の所持を容認するとは、無用な殺人を引き起こすと、今回の暗殺未遂事件は物語っていると言ってよいだろう。とはいえ、アメリカのことはアメリカが決める。言えるのは、日本はこれまでと同様にきっちりと銃規制をして欲しいということである。
 今回の暗殺未遂事件は、若い銃撃犯の死という結末だったが、ほかの国では犯人でもないのに、“相も変わらず”に多くの若者たちが命を落としているようだ。「イギリス国防省は、ウクライナ侵攻を続けるロシア軍兵士の死傷者がこの2ヶ月(5月、6月)で7万人を超え、今後も多数の犠牲をいとわず攻勢を強めるとの見方を示した…」と7月13日に公共放送が報じた。
 ロシアのウクライナ侵略が始まり、数ヶ月は戦況戦線が大きく動いたと認識している。ただその後は、結局のところ、戦況戦線に大きな変動があったとの報道は聞かれない。つまり現状では、「被害者でしかないウクライナ人はもとより、別にウクライナの土地をどうこうしたいと思わない多くのロシア兵士が、ただ“ダラダラ”と亡くなるだけ…」という地獄絵図が展開し続けているのである。
 さて、今週はG恵羌記念である。
 ただ、今年の中京記念が開催されるのは小倉競馬場である。昨年春まで、京都競馬場の改修工事のための“変則開催”が続いていた。今度は阪神競馬場の改修工事のために、今年の後半は“変則開催”になる。その結果が、小倉競馬場の中京記念というわけである。
 京都競馬場の改修工事の間、2020年には阪神競馬場、2021年と2022年は小倉競馬場で中京記念がおこなわれた。振り返れば、2012年以降、中京競馬場の中京記念は芝マイル(芝1600m)戦だが、2021年と2022年、そして今年の中京記念は芝1800mである。この距離の違いは、影響があった、影響があるかもしれない。
 夏の福島開催、小倉開催、函館開催になってからGレースはほぼハンデ戦で、ダートのG轡廛蹈オンステークスだけが別定戦だった。例に漏れず中京記念もハンデ戦である。「ただハンデ戦といっても“一様”ではない…」と言い続けている。たとえば、先週の函館記念は、ハンデ56キロ〜54キロの活躍が最も多かった。そこで今年の函館記念の結果だが、1着は2011年以来となるハンデ57.5キロだったものの、2着は56キロ、3着は54キロだった。やはりハンデ戦ごとに傾向のようなものがある。
 ということで中京記念のハンデ面からの傾向を探る。
 過去10年の1着10頭は、55キロが3頭、57キロが2頭、残りは58キロ、56.5キロ、54キロ、53キロ、52キロが1頭ずつだった。2着10頭は、56キロが5頭、52キロが2頭、残りは57キロ、55キロ、54キロが1頭ずつだった。
 “偏り”はないようにも見えるが、56キロ〜54キロに絞ると、1着10頭のうち4頭、2着10頭のうち7頭になり、“1着+2着”では、このゾーンが最多である。なお、56キロ〜54キロのゾーンの馬が、1着あるいは2着の両方またはどちらかだったのは、過去10年では8年だった。また、この8年のうち3年は、56キロ〜54キロによるワン・ツー(1着も2着も)だった。
 今回の登録メンバーで56キロ〜54キロは6頭、下馬評ではいずれもあまり人気はないようだ。一方で人気を集めそうなのは、ハンデの重い馬たちである。
 今回のトップハンデの59キロを背負うのは、3歳時にG極萋王冠で優勝したエルトンバローズである。59キロを背負っての参戦は珍しいが、昨年のダノンスコーピオンが59キロで、単勝4番人気になるも12着に敗れた。そういう昨年の例があっても、エルトンバローズの下馬評は高いほうだ。
 これに次いで58キロを背負うのがエピファニー、さらに57キロのセオ、56.5キロのニホンピロキーフなども下馬評は高いほうである。ただ、56.5キロ〜58キロの馬は、過去10年でも4度も優勝しており、ハンデはマイナス材料とは言えない。

予測オッズ 中京記念
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.テ−オ−シリウス     牡6 55   55.8
 2.アルナシ−ム       牡5 57    6.5
 3.セルハ゛−ク゛      牡5 57   22.9
 4.ワ−ルト゛リハ゛イハ゛ル 牡6 55     * 
 5.カテト゛ラル       牡8 58     * 
 6.エヒ゜フアニ−      牡5 58    4.0
 7.エルトンハ゛ロ−ス゛   牡4 59    3.5
 8.タカ゛ノハ゜ツシヨン   牝6 53     * 
 9.ホ゛−テ゛ン       牡6 54   33.2
10.ソレイユウ゛イ−タ    牝4 50     * 
11.アナコ゛サン       牡6 56   57.0
12.セオ           牡4 57    3.6
13.ニホンヒ゜ロキ−フ    牡4 56.5 14.9
14.ロンク゛ラン       牡6 57   12.8

3連単オッズ(上位36組)
 2− 6− 7  90   7− 6−12  38
 2− 6−12  92   7− 6−13 152
 2− 7− 6  87   7− 6−14 131
 2− 7−12  78   7−12− 2  59
 2−12− 6  89   7−12− 6  37
 2−12− 7  78   7−12−13 132
 6− 2− 7  83   7−12−14 114
 6− 2−12  84   7−14−12 144
 6− 7− 2  71  12− 2− 6  80
 6− 7−12  39  12− 2− 7  70
 6− 7−13 157  12− 6− 2  71
 6− 7−14 135  12− 6− 7  39
 6−12− 2  73  12− 6−14 135
 6−12− 7  40  12− 7− 2  60
 6−12−14 139  12− 7− 6  37
 7− 2− 6  77  12− 7−13 132
 7− 2−12  69  12− 7−14 114
 7− 6− 2  69  12−14− 7 145

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 170  *  194   5− 6 145  *  154
 1− 3 573  *  836   5− 7 126  *  132
 1− 4  *   *   *    5− 8  *   *   * 
 1− 5  *   *   *    5− 9  *   *   * 
 1− 6 101  *  109   5−10  *   *   * 
 1− 7  87  *   94   5−11  *   *   * 
 1− 8  *   *   *    5−12 129  *  136
 1− 9 791  *   *    5−13 566  *  690
 1−10  *   *   *    5−14 486  *  578
 1−11  *   *   *    6− 7   7  15  13
 1−12  89  *   96   6− 8 168 177  * 
 1−13 392  *  516   6− 9  63  72 513
 1−14 336  *  428   6−10 148 157  * 
 2− 3  77 101 326   6−11 102 111  * 
 2− 4 269 293  *    6−12   7  15  14
 2− 5 246 270  *    6−13  31  40 143
 2− 6  14  36  22   6−14  27  36 110
 2− 7  12  34  18   7− 8 146 152  * 
 2− 8 285 309  *    7− 9  55  61 497
 2− 9 107 131 578   7−10 128 135  * 
 2−10 250 274  *    7−11  89  95  * 
 2−11 173 197  *    7−12   6  12  13
 2−12  12  34  19   7−13  27  34 137
 2−13  53  77 170   7−14  23  30 105
 2−14  46  69 132   8− 9  *   *   * 
 3− 4 905  *   *    8−10  *   *   * 
 3− 5 828  *   *    8−11  *   *   * 
 3− 6  46 283  55   8−12 149  *  156
 3− 7  40 273  46   8−13 655  *  780
 3− 8 959  *   *    8−14 563  *  655
 3− 9 359 621 853   9−10  *   *   * 
 3−10 842  *   *    9−11 805  *   * 
 3−11 583 846  *    9−12  56 500  63
 3−12  41 275  48   9−13 246 735 369
 3−13 178 436 301   9−14 211 698 302
 3−14 153 410 244  10−11  *   *   * 
 4− 5  *   *   *   10−12 131  *  138
 4− 6 159  *  168  10−13 575  *  700
 4− 7 137  *  144  10−14 494  *  586
 4− 8  *   *   *   11−12  91  *   98
 4− 9  *   *   *   11−13 398  *  522
 4−10  *   *   *   11−14 342  *  434
 4−11  *   *   *   12−13  28  35 138
 4−12 141  *  148  12−14  24  31 106
 4−13 619  *  743  13−14 105 226 195
 4−14 531  *  623
ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)